このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

おうみ狂言図鑑2023

更新日:2022年11月25日

2023年新作「琵琶姫」 富士山と淡路島が琵琶湖を巡って恋のバトル!選ばれるのは果たしてどちら?伝承から生まれた新作狂言!

草津クレアホールにて「おうみ狂言図鑑2023」を開催!
小佐田 定雄(おさだ さだお)(作)、茂山 童司(しげやま どうじ)(演出)による新作狂言「琵琶姫(びわひめ)」をはじめ、古典作品「文荷(ふみにない)」「墨塗(すみぬり)」の計3作品を上演します。
上演前に解説がありますので、狂言を初めて鑑賞される方も楽しんでいただけます。
また、上演後、新作狂言「琵琶姫」の作者 小佐田 定雄 氏をお迎えしてのアフタートークも開催!
日本の伝統芸能「狂言」の世界をぜひお楽しみください。
 
※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をとりながら実施します。来館時は必ずマスクの着用をお願いします。

おうみ狂言図鑑とは

平成23年から茂山 千五郎(しげやませんごろう)家の協力を得て、滋賀県を題材にした新作狂言を制作し、現在までに11の新作狂言が生まれています。これらの作品を「おうみ狂言図鑑」としてコレクションし、狂言の「笑い」と「近江」の魅力を発信しています。

上演作品

新作「琵琶姫(びわひめ)」 作:小佐田(おさだ) 定雄(さだお)、演出:茂山(しげやま) 童司(どうじ)

近江の国に琵琶という美しい姫君が居るという噂を聞いた東国の富士山と西国の淡路島が姫と会うためにやって来ます。体育会系の富士と文化系の淡路はそれぞれの魅力をアピールして気に入られようと競い合うのですが…。

姫の心はどちらに傾くのか、傾かないのか・・・?

その他の上演作品 文荷(ふみにない)」「墨塗(すみぬり)


日時

令和5年1月21日(土曜)開演14時(13時15分開場)

場所

草津クレアホール(草津市野路六丁目15番11号)

入場料

一般:2,500円
25歳未満:1,000円
未就学児入場不可
当日500円増

アフタートーク「小佐田 定雄×茂山 千之丞(童司)」

日時:令和5年1月21日(土曜)草津公演終演後 ホールにて
対象:「おうみ狂言図鑑2023」いずれかの公演チケット購入者
料金:無料

問い合わせ

草津アートセンター

電話:077-561-6100 ファクス:077-564-5851


詳細は下記の主催者ホームページにてご確認ください。
草津クレアホールのホームページ(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 文化振興係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2428
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る