このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 文化・スポーツ
  3. 文化・芸術
  4. ふるさと草津俳句会
  5. 第38回ふるさと草津俳句会

本文ここから

第38回ふるさと草津俳句会

更新日:2016年12月15日

市教育委員会では、歴史あるふるさと-草津-の四季折々の姿を俳句を通して感じてもらい、俳句に対して誰もが気軽に親しみ、関心を高めてもらうため「ふるさと草津俳句会」を開催し、入賞句を掲載しています。(漢字については常用漢字で表記していますので、御了承ください)

選者:石倉 政苑 先生

「第38回ふるさと草津俳句会」選句結果(敬称略)

自由句(投句数73句)

【特選】

幾たびか風を乗り換ふ赤とんぼ  井上 次雄(草津市)

選評

赤蜻蛉という名の蜻蛉はいないが秋茜のことで、山地で過ごすうちに赤く染まり平野に戻って来る。「幾たびか風を乗り換ふ」という表現はすばらしい。生態をよく理解された一句である。
【入選】
切り捨ての出来ぬ余命や天高し  山田 登志子(草津市)
駅ひとつ過ぎて深まり行く紅葉  下村 幸子(草津市)
一万歩目指す日課や鳥渡る  多賀 信子(草津市)

兼題句 兼題「花野(はなの)」(投句数78)

【特選】

かくれんぼもう日が暮れる花野なか  室田 ヒデ子(草津市)

選評

いつまでも遊んでいる子どもの様子を、花野の中まで日が暮れていると、リアルに表現されたことによって秀句となった。
【入選】
変わり行く天井川に大花野  青谷 禮子(草津市)
花野にも一叢の風色淡し  大條 啓子(草津市)
ビル街にほっと一息新花野  森嶋 一弘(草津市)

「第39回ふるさと草津俳句会」の募集について

兼題

「返り花(かえりばな)」

投句方法

草津市役所1階、各市民センター(公民館)、各図書館に設置してある投句箱に投句していただくか、生涯学習課あてに郵送、ファクス、Eメールにて投句してください。

投句用紙

所定の投句用紙を用意していますが、俳句・住所・氏名・年齢・電話番号を記入していただければ、任意の用紙でも受け付けます。

投句締切

平成29年1月15日(日曜) 【3月15日号『広報くさつ』掲載予定】

投句料

無料

担当課

草津市教育委員会事務局 生涯学習課 「ふるさと草津俳句会」係

詳しくは、下記のファイルを御覧ください。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課 生涯学習係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2427
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る