このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 文化・スポーツ
  3. 歴史・文化財
  4. 草津宿街道交流館・史跡草津宿本陣
  5. 草津宿街道交流館 2019年新春特別ミニ展示「“そうかん”ってだあれ??」を開催します

本文ここから

草津宿街道交流館 2019年新春特別ミニ展示「“そうかん”ってだあれ??」を開催します

更新日:2018年12月21日

2019年新春特別ミニ展示「“そうかん”ってだあれ??」を開催します。

伝山崎宗鑑筆「あさみどり」短冊 写真
伝山崎宗鑑筆「あさみどり」短冊

皆さんは「山崎宗鑑」という人物をご存知でしょうか。
宗鑑は草津出身とされる室町時代の俳人・連歌師です。貴族文化である和歌の伝統を引き継いだ連歌から、庶民的でユーモラスさを重視した「俳諧連歌」を確立させ、俳諧連歌のみの歌集『犬筑波集』を編さんしました。この俳諧連歌は後の「俳諧」、つまり俳句や川柳のもととなったと言われ、宗鑑は「俳諧の祖」としても知られます。
それだけでなく、宗鑑は室町幕府第9代将軍・足利義尚の祐筆(代筆などを行う秘書官)を務めていたこともあり、能書家(書家)としても有名でした。宗鑑の書は観賞用としてだけでなく、字のお手本としても多く求められ、宗鑑の筆とそれを真似た筆は「宗鑑流」として世に広まりました。
本展示ではそんな草津出身とされる優れた文化人「山崎宗鑑」を広く知っていただくため、草津市所蔵のゆかりの作品を展示し、宗鑑や宗鑑が確立させた俳諧連歌についてご紹介します。
また、展示期間中、草津宿街道交流館1階では、草津市が宗鑑の生誕の地であることにちなみ、俳句を通して草津の文化の発展と継承をはかることを目的に取り組んでいる「俳句のまちづくり事業」について紹介いたします。また、今年度開催された「青少年俳句大会」の優秀作品の一部を展示します。
1階には、どなたでも無料でご入場いただけます。ぜひ、企画展とあわせてご覧ください。

日時

2019年1月5日(土曜)~2月3日(日曜)

会場

草津市立草津宿街道交流館(草津三丁目10-4)

開館時間

9時~17時(最終入館16時30分)

期間中の休館日

1月7日(月曜)、1月15日(火曜)、1月21日(月曜)、1月28日(月曜)

観覧料

大人200円(160円)、大学・高校生150円(120円)、小・中学生100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。史跡草津宿本陣との共通券あり。

お問い合わせ

教育委員会事務局 草津宿街道交流館
〒525-0034 滋賀県草津市草津三丁目10番4号
電話番号:077-567-0030
ファクス:077-567-0031

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る