このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 公園
  4. 水生植物公園みずの森
  5. みずの森 干支とポインセチアの装飾展示

本文ここから

みずの森 干支とポインセチアの装飾展示

更新日:2019年12月3日

展示期間・場所

12月27日(金曜) 午後4時まで
水生植物公園みずの森 ロータス館内エントランスホール

2020年の干支は「子(ねずみ)」です。
みずの森では毎年恒例となりました「干支とポインセチアの装飾展示」を行っています。

ツリー
干支ねずみとポインセチアの展示


ポインセチアはメキシコ原産のトウダイグサ科の植物で、日が短くなる12月頃に苞(ほう:葉が変化したもの)が赤く着色することからクリスマスの鉢花として利用されています。
今までは赤い苞のポインセチアが中心でしたが、ここ近年、白、黄色、ピンク、紫、マーブルなどの珍しい色彩や、苞の形が変わっているものなどが出回っています。
今年は約70品種を集めました。これだけ多くの品種を同時に鑑賞できる機会はなかなかありません。

いろとりどりのポインセチアとねずみを組み合わせ、なにか物語でも生まれてきそうな会場を演出してみました。
ねずみたちの「躍動感」と会場の「メルヘンな雰囲気」をイメージしながら、、、明るく楽しい2020年のおとずれを願って...☆


ツリーハウスの素材には、2018年の台風21号により倒れたサクラの根茎、テラスの手すりにはハスの茎、ねずみの毛の素材にはススキなど、園内の植物素材を活用しています。

毎年この干支の装飾展示を背景に記念写真を撮影し、その写真を年賀状に利用される方が大勢おられます。全体を撮影していただいても可愛いですが、各パーツを撮影していただいても絵になるように展示しています。

展示は年内いっぱい(12月27日まで)ご覧いただけます。
また新年1月5日からは、ポインセチアが洋ランにリニューアルしてお目見えします。

料金

観覧・イベント参加には、みずの森への入園料が必要です

ご案内

入園料金 大人300円 高校生・大学生250円 65歳以上150円(中学生以下無料)

休園日 毎週月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は次の平日が休園日)

開園時間 冬季期間(11月から2月末まで) 午前9時30分から午後4時
※入園および温室の観賞は閉園30分前まで 

お問い合わせ

草津市立水生植物公園みずの森
〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地
電話番号:077-568-2332
ファクス:077-568-0955

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る