このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 草津市の魅力
  4. 草津のここがいい!
  5. 「草津スケッチ」で草津の魅力再発見

本文ここから

「草津スケッチ」で草津の魅力再発見

更新日:2019年3月8日


草津のここがいい!タイトルバック

草津市では、BBCびわ湖放送で市政広報番組「草津スケッチ」を毎月放送しています。
番組では、主に市内で行われたイベントや行事、市からのお知らせなどを紹介しています。
3月は、「草津のここがいい!」と題して、市のホームページ「草津のここがいい!」コーナーとコラボしながら、草津のいい所や、さまざまな魅力をお伝えします。

今回のテーマは「宿場町・草津街歩き」。草津市は古くから、東海道と中山道が分岐・合流する宿場町であり、交通の要衝として栄えていました。そんな昔の面影を残しながら、景観に合わせて新しく整備された草津の街並み。それらを背景に、追分道標(おいわけどうひょう)から立木神社までのエリアを街歩きしながら、観光にぴったりなお店などをご紹介。市外の方はもちろん、市内の方にも草津の新たな魅力を発見していただける内容になっています。
番組に登場するお店は、こちらの4店舗です。

吉川芳樹園(よしかわほうじゅえん)

電話:077-562-0616
営業時間:午前9時から午後6時
定休日:日曜日

創業100余年の老舗の御茶屋さんです。江戸時代に建てられた町屋建築として貴重なものとなっており、2007年に国の有形文化財にも登録されています。こちらのお茶は草津市のふるさと寄附の返礼品にもなっています。

和ろうそくと香りのお店 大喜(たいき)

電話:077-562-0151
営業時間:午前8時から午後7時
定休日:水曜日

「あおばな」、「三大神社の藤」など、草津らしさ溢れる、かわいらしい絵ろうそくなど、お土産やプレゼントにもぴったりの商品が並んでいます。
また、人気なのが白檀をベースにお好きな香料を混ぜ合わせて作るオリジナル匂い袋手作り体験。番組内でも体験させていただきました。

Tent10蔵(てんとてんくら)

電話:077-598-1128
営業時間:午前11時から午後4時
定休日:日曜日、祝日

一本路地を入るとあるのが隠れ家のようなカフェ。Tent10蔵(てんとてんくら)。
蔵を改装した建物の店内は、趣ある落ち着いた雰囲気。中庭を眺めながらゆっくり食事を楽しめます。

松利老舗(まつりろうほ)

電話:077-562-0371
営業時間:午前8時30分から午後7時30分
定休日:日曜日の午後

創業は江戸末期で、今でもお菓子を店内で手作りされています。お店一番人気は「草津たび丸どら焼き(180円)」。パッケージだけでなく、どら焼きの表面にもたび丸の焼印をつけた、かわいらしいどら焼き。自家製あんこを3種類(粒あん・栗入り白あん・抹茶あん)をどら焼き一つ分にぎゅーっと閉じ込めた、贅沢な一品です。

番組内では4店舗を取り上げていますが、このエリアには他にも魅力的なお店やスポットが盛りだくさん!
草津観光にはボランティアガイドも利用できます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。観光ボランティアガイドについて(外部リンク)

びわ湖放送が見られない地域の方も、「草津スケッチ」は、YouTubeのくさつチャンネルでご覧いただけます。
(※YouTubeへのアップは、テレビ放送日から約一か月後が目安)
市内の方も市外の方も、ぜひ番組を参考に、草津市に遊びに来てくださいね!

YouTubeくさつチャンネル「平成30年度草津スケッチ」(内部リンク)


番組内で市HPのこともお知らせ

草津スケッチ

BBCびわ湖放送
第2金曜日 午後6時45分から6時50分
※第4金曜日 午後6時45分から6時50分再放送
3月の放送日 3月8日(金曜)、22日(金曜)

なお、お店の詳しい情報や撮影時の様子、その他番組ではお伝しきれなかった内容について、こちらのコーナーで今後ご紹介していく予定です。どうぞお楽しみに!

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

草津のここがいい!

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る