このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 草津市の魅力
  4. みんなの草津
  5. 泥しぶきあげて 全力疾走!! "田んぼでラグビー"

本文ここから

泥しぶきあげて 全力疾走!! "田んぼでラグビー"

更新日:2019年6月12日

山田レッドタグスピリッツのみなさん(広報くさつ6月15日号表紙)

天気は快晴。
今年最高気温となった5月11日、山田小学校のタグラグビーチーム「山田レッドタグスピリッツ」のメンバーや、保護者が北山田町の田んぼに集まりました。
今年、日本で開催される、ラグビーワールドカップを盛り上げようと、地元の人から田植え前の田んぼを借り、草津で初めて「たんぼラグビー」が開かれました。

女の子がボールもって走る

たんぼラグビーって?

京都・福知山が発祥の「たんぼラグビー」。
原則、田植え前の田んぼ(水田)で、縦30m、横15mを超えない範囲をフィールドとし、1チーム4人がパスをつないでトライを目指します。
タックル等の激しいプレーがないため、世代や性別、ラグビー経験の有無を問わず、誰もが楽しむことができます。

いざ、田んぼへ!

田んぼに足を踏み入れると、子どもたちからは「わー!」「ぬるぬるする!」「前に進めない!」と声があがりました。
泥に足を取られ、なかなか前に進めず、走ると泥しぶきで服が汚れるため、最初はおそるおそるボールを追いかけていた子どもたちですが、時間がたつと、なんのその。
水泳のゴーグルを着用し、頭からダイブしてトライを決める子も!
みんな、泥だらけになりながら、全力疾走でボールを追いかけました。

田んぼならではの、こんなことも

試合中、「何かいる!」の声に、田んぼの中を見てみると、大きなザリガニが水面からハサミを出していたり。
また違うところでは、「靴がぬげた!」と、泥の中に手を入れてみんなで靴探しが始まったり。
鏡のような水面に映る試合の様子を眺めていると、まるでウユニ塩湖にいるかのようだったり。

田んぼだからこその体験がたくさんできました。

『山田レッドタグスピリッツ』のメンバーに聞きました

「たんぼラグビー」どうだった?

  •  思うように体を操れないし、足がはまって速く走れないところがおもしろかった。
  •  田んぼだと、大人も子どもも力の差がなく、同じように楽しめて、おもしろかった。
  •  みんなの顔が泥だらけなのが、すごくおもしろかった。
  •  ダイビングトライをしたのが楽しかった。
  •  泥に足が埋まって、気持ち悪かったけど、楽しかった。
  •  走ろうとしてもすぐにこけるから、どろんこになった。
  •  レベルに関係なく、だれでも楽しめるところがいい。
  •  ビチャビチャになって、泳いだのが楽しかった。
  •  来年もまたやりたい!

草津の好きなところを教えて!

  • 自然がいっぱい
  • 虫やいきものがいっぱいいる。
  • 田舎な感じが好き。のどか。
  • 野菜が新鮮。
  • 草津メロンがおいしい。
  • 琵琶湖がすき。泳げるし、釣りもできる。
  • 琵琶湖博物館がすき。

あとがき
秋には豊かな実りを与えてくれる田んぼがあって、大切な田んぼを貸してくださる地域の人がいて、
はじめて行える「たんぼラグビー」。
子どもたちの笑顔がはじけた1日でした。

集合写真
みんな楽しかったね!

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る