このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 草津市の魅力
  4. みんなの草津
  5. 「健幸都市くさつ」を実現する

本文ここから

「健幸都市くさつ」を実現する

更新日:2017年11月30日

田村 憲嗣(草津市役所 健康福祉政策課 職員)

健康福祉政策課では、どのような取り組みをしているのですか。

昨年8月に、市として健幸都市を創り上げていく意志や目指すべき方向性を内外に示すため「健幸都市宣言」を行いました。今年の3月には健幸都市基本計画を作成し、健康福祉の枠組みに囚われず、都市計画や福祉、教育、産業振興など、様々な側面から健幸を切り口とした取り組みを推進しています。

健幸都市とは何でしょうか。

市民が生きがいをもち、健やかで幸せに暮らせる新しい都市モデルです。草津市に住む人々が「健幸」に暮らすこと、併せて通勤や観光などで草津市を訪れる人も「健幸」になることを目指しています。

健幸都市の取り組みとして、どのようなものがあるのですか。

健幸都市の取り組みとして「まち」「ひと」「しごと」を切り口に健幸づくりの取り組みを定め、推進しています。
 具体的には、「まちの健幸づくり」の例では、草津川跡地公園を健康拠点として整備を進めているとともに、各種健幸イベントもこの公園で開催し健幸都市くさつの啓発を実施しています。
 次の「ひとの健幸づくり」の例として、飲食店等と協力して健康づくりを進めており、食事の大切さや野菜の摂取、適正飲酒などの啓発を3010運動と併せて「3010運動+」として啓発しているところです。
最後に「しごとの健幸づくり」の例としては、「健幸」を意識しながら、健康、スポーツ、観光、体験、医療・福祉、地産地消などの本市の地域資源(素材)を組み合わせた「草津版ヘルスツーリズム」の構築に向けた取り組み等があります。
ここで挙げた取り組みはあくまでも一例ですが、このようにまちづくり全体に「健幸」を意識した取り組みを行っています。

「3010運動+」について教えてください。

ごみ問題対策として、食品ロス削減に取り組む「3010運動」が全国的に展開されていました。そこに健幸の観点や運動の取り組み範囲を広げた草津市独自の取り組みが、「3010運動+」です。

草津市独自の取り組みとは、どんなものですか。

 もともとは宴会や食事会で、開始から30分間と終了10分前からは自席に戻って食事を楽しみ、食べ残しを減らすことで食品ロスの削減をしようという取り組みです。草津市では、開始30分の食事により空腹状態での多量飲酒を避けることや野菜から食べること、よく噛むことなどにより、体への負担を減らすとともに、血糖値の急上昇を抑える効果を期待して推奨しています。
また、孤食ではなく、だれかと食事を一緒に楽しむことは、心の健やかさにつながるものと考えています。
「健幸」を意識した内容に発展させたところが、独自の取り組みです。

健幸都市づくりを推進するうえで、市民の方や事業所とも協働しているのですか。

健幸都市宣言へ賛同いただく事業所や独自に健幸宣言いただく事業所を、募集しております。賛同や宣言を行った事業所に、従業員への健幸づくりに取り組んでいただくことで、生産性の向上や病気での休職や退職のリスクを低減することが期待できます。健幸都市宣言への賛同などをした事業所については、市の公式ホームページで公開しています。事業所活動として取組が掲載されますので、市の取り組みや健幸に対して積極的な取り組みをしている事業所というPRにもつながります。現在92の事業所に賛同いただき、うち36の事業所が独自に健幸宣言していただいております。(平成29年11月7日時点)。
今後は、健幸都市づくりの情報を行うなどの連携を図りたいと考えています。

市民の方との協働については、地域での健康づくりを各まちづくり協議会が中心となって取り組んでおり、市もこの活動を支援しています。まちづくり協議会と市が協働することで地域の実情を捉えた健康づくりを進めていきたいと考えています。

健幸都市宣言

健幸都市賛同企業・健幸宣言企業リストがご覧いただけます

健幸都市の取り組みは、市民の方にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

市民の方が健康で元気に暮らし続けられる環境・仕組みを作ることで、心身の健康につながると考えています。
平均寿命が伸びている中で、健康寿命という考え方が注目をされています。健幸都市の取り組みに積極的に参加することでこの差を縮めることができ、健幸な人が増えることで、将来的な医療費や介護給付費の適正化にもつながっていくと思います。すぐに結果が出るものではありませんが、継続して取り組んでいただくことが大切だと考えています。

今後どのような展開を考えていますか

市では、「健幸」とは「生きがいをもち、健やかで幸せであること」と考えています。ただ身体的な健やかさを求めるだけでなく、自然と外出したくなるようなまちづくりや、人と接することのできる仕組みづくりが必要です。
賛同者を増やすことで、健幸都市はますます発展するものです。草津市にいることで、自然と健幸につながるような仕組みづくりを、行政だけではなく地域の方や関係機関の皆さまと協力して進めていきたいと思います。

健幸都市

健幸都市トップページ

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る