このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 保健
  4. 感染症情報
  5. 新型コロナウイルス感染症について(総合サイト)
  6. 市長メッセージ
  7. 過去の市長メッセージ
  8. 新型コロナウイルス感染症に関する草津市長メッセージ(2022年1月~2月)

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する草津市長メッセージ(2022年1月~2月)

更新日:2022年3月1日

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月28日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
新型コロナウイルス対策について助言する厚生労働省の専門家会合が2月24日に開かれ、全国的に感染者は減少傾向となっているものの、そのスピードは鈍化していて、ワクチン接種の加速に伴って継続的に減少した昨年夏の状況とは異なり、再び増加傾向に転じる可能性があると指摘しました。
滋賀県の2月27日時点での確保病床占有率は75 .5%となっており、病床のひっ迫が続いております。重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、今一度、施設内での感染症対策を徹底していただき、利用者、職員への早めのワクチン接種の検討をしていただくことや、クラスターの早期検知、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
これまでも多くの人が集まる行事で感染が拡大したことから、これから卒業式や春休みなど、行事が行われる年度末に向け、今一度、対策の徹底が必要です。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月28日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月27日)

昨日から本日にかけて、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、2月26日時点で確保病床の占有率は72.1%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は2.0%となっており、病床のひっ迫が続いております。また、県内において連日クラスターが発生しておりますことから、これ以上、医療供給体制への負荷を高めないためにも、重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月27日)
感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月25日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県の2月24日時点での確保病床占有率は72.1%となっており、病床のひっ迫が続いております。重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、今一度、施設内での感染症対策を徹底していただき、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月25日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月24日 )

昨日から本日にかけて、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
本市は、シトラスリボンプロジェクトに賛同しています。この取り組みは新型コロナウイルスに感染した方や、医療従事者、介護従事者の方など誰もがそれぞれの暮らしのなかで「ただいま」「おかえり」と温かく迎え入れられることができる思いやりのある暮らしやすい社会を目指すものです。一人でも多くの皆様に御賛同いただき、感染者や医療従事者、介護従事者などへの差別をなくしましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
大阪府は新型コロナウイルスへの感染が確認された患者についてゲノム解析を行った結果、これまでに13人が、オミクロン株の一種で感染力がさらに高いと指摘されている「BA.2」と呼ばれるウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。このうち3人は感染経路が分かっておらず、市中感染とみられるということです
滋賀県は第5波までの状況からみて、近隣の大阪府や京都府の発生動向に連動する傾向があり、状況の注視が必要です。
本県の2月23日時点での確保病床占有率は73.5%となっており、病床のひっ迫が続いております。重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、今一度、施設内での感染症対策を徹底していただき、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
本市では、本日、新型コロナウイルス感染症対策幹部会議を開催し、オミクロン株の特性を踏まえ、社会機能維持のため、保育を保障する観点から、市内就学前教育・保育施設の臨時休園基準の見直しを行いました。詳細は、下記「新型コロナウイルス感染症に関わる市内就学前教育・保育施設の臨時休園の基準について」のリンクを御覧ください。
新型コロナウイルス感染症に関わる市内就学前教育・保育施設の臨時休園の基準について(令和4年2月24日)
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月24日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月22日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
本市は、シトラスリボンプロジェクトに賛同しています。この取り組みは新型コロナウイルスに感染した方や、医療従事者、介護従事者の方など誰もがそれぞれの暮らしのなかで「ただいま」「おかえり」と温かく迎え入れられることができる思いやりのある暮らしやすい社会を目指すものです。一人でも多くの皆様に御賛同いただき、感染者や医療従事者、介護従事者などへの差別をなくしましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、2月21 日時点で確保病床の占有率は70.5%となっており、病床のひっ迫が続いております。重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、今一度、施設内での感染症対策を徹底していただき、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
本市では、本日、新型コロナウイルス感染症対策幹部会議を開催し、これまでの学校での感染拡大防止と子どもの人権保障に加え、学習機会と学びの保障、学校の福祉的な役割、社会的機能の維持に努める必要性があることから、市立小中学校の臨時休業基準の見直しを行いました。詳細は、下記「オミクロン株感染拡大における市立小中学校の臨時休業規準の見直しについて」のリンクを御覧ください。
オミクロン株感染拡大における市立小中学校の臨時休業規準の見直しについて
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月22日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月21日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
第6波について、全国的には、感染状況のデータから傾向をみて、およそ2月上旬にピークを越えたという見方もありますが、滋賀県においては、この週末も多くの感染者が確認され、2月20日時点で確保病床の占有率は70.5%となっており、病床のひっ迫が続いております。これ以上、医療供給体制への負荷を高めないためにも、重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、今一度、施設内での感染症対策を徹底していただき、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
また、オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、これからの季節、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
長引く第6波の影響で、自宅療養されている方、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動は、控えて下さい。また、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出については高齢者や基礎疾患のある方およびこれらの方に日常的に接する方は、特に控えてください。会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月21日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月20日)

昨日から本日にかけて、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、2月19日時点で確保病床の占有率は69.7%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は7.8%となっており、病床のひっ迫が続いております。また、県内において連日クラスターが発生しておりますことから、これ以上、医療供給体制への負荷を高めないためにも、重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設等におかれましては、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
長引く第6波の影響で、自宅療養されている方、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月20日)
感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月18日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、介護従事者など、最前線で対応されているエッセンシャルワーカーの方々、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
政府は、2月20日(日曜)が期限の大阪府、京都府など16道府県について、2月27日(日曜)に期限を迎える和歌山県とともに3月6日(日曜)まで延長する一方、沖縄県など5県は期限をもって解除する方針を発表しました。
これにより、まん延防止等重点措置の対象地域は、31都道府県となります。
滋賀県においては、2月17日時点で確保病床の占有率は75.6%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は9.8%となっており、病床のひっ迫が続いております。これ以上、医療供給体制への負荷を高めないためにも、重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設におかれましては、クラスターの早期検知や、大規模化抑止のため、滋賀県のイベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)の積極的な利用をお願いします。
オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
長引く第6波の影響で、自宅療養されている方、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月18日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月17日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、2月16日時点で確保病床の占有率は70.2%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は9.8%となっており、医療供給体制へ負荷がかかっている状況が続いています。重症化リスクの高い方が多くおられる高齢者福祉施設や医療機関等でのクラスター発生は、病床のひっ迫に繋がります。滋賀県では、クラスターを早期に検知し、大規模化を抑止するため、イベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)を実施されています。特に高齢者福祉施設におかれましては、施設の従事者などに対する検査のため積極的な利用をお願いします。
また、第6波の収束が見通せない中で、これから本格的な花粉症シーズンとなります。オミクロン株による症状と花粉症の症状には似た点があると言われており、くしゃみによる飛まつを抑える対策などが必要です。それに加え、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
現在、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月17日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月16日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
オミクロン株においても高齢者は他の年代より重症化リスクが高くなっていることから、高齢者福祉施設や医療機関等でのクラスター発生は、病床のひっ迫に繋がります。滋賀県においては、2月15日時点で確保病床の占有率は71.5%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は9.8%となっており、医療供給体制のひっ迫が続いております。
今一度施設内での感染症対策、個人での感染予防について徹底が必要です。また、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
また、滋賀県では、クラスターを早期に検知し、大規模化を抑止するため、施設等において体調不良を訴える人が増えているなど普段と異なる現場の気づきをもとに一斉検査を行う、イベントベースサーベイランス(EBS)事業(外部リンク)を実施されています。特に高齢者福祉施設におかれましては、施設の従事者などに対する検査のため積極的な利用をお願いします。
長引く第6波の影響で、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月16日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月15日)

本日、市内において新たな感染が確認されております。確認された市内の市立小中学校・保育施設および市職員や市管理施設における感染状況などは、下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御覧ください。関係する皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、2月14日時点で確保病床率の占有率は73.8%、そのうち重症者用の確保病床の占有率は9.8%となっており、医療供給体制のひっ迫が続いております。
県内では福祉施設や医療機関等でクラスターとなった事例が多数発生しています。オミクロン株は比較的軽症と言われていますが、高齢者は他の年代より重症化リスクが高くなっていることから、今一度施設内での感染症対策、個人での感染予防について徹底が必要です。また、発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
長引く第6波の影響で、事業者や、学校、保育施設等の臨時休業に伴い休業せざるを得ない保護者など、多くの方々が生活への不安から大変厳しい状況に置かれています。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月15日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月14日)

昨日から本日にかけて、市内の市立小中学校、保育施設での感染が確認され、また、市施設職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。
関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県においては、新規感染者発生の高止まりに伴い重症化する方も継続して確認されており、確保病床の占有率は71.9%(2月13日時点)と7割を超え、多くの方が自宅療養をされています。本県は第5波までの状況からみて、近隣の大阪府や京都府の発生動向に連動する傾向があり、この感染状況は継続すると考えられます。
また、医療機関や福祉施設等でクラスターとなった事例が多数発生しています。オミクロン株は比較的軽症と言われていますが、高齢者は他の年代より重症化リスクが高くなっていることから、今一度施設内での感染症対策、個人での感染予防について徹底が必要です。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月14日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月12日)

昨日から本日にかけて、市内の市立小中学校、保育施設での感染が確認され、また、市職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。
関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況
滋賀県において、連日、多数の感染者が確認され、1,000人を超える感染者が判明する日も出てきており、依然として、医療機関へ負荷がかかっている状況が続いております。
発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。
市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。
市長ブログ(2月12日)
感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月10日)

昨日から本日にかけて、市内の市立小中学校、保育施設での感染が確認され、また、市施設職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

近隣の大阪府と京都府に、まん延防止等重点措置が適用されてから、約2週間になりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めがかかりません。大阪府では、医療提供体制が極めてひっ迫しているとして「医療非常事態」を宣言され、京都府では9日、新たに2,996人の感染が発表され、一日の感染者数の過去最多を更新しました。

滋賀県は第5波までの状況からみても大阪府や京都府の発生動向に連動する傾向があり、この感染状況は継続すると考えられます。本県においても、連日、多数の感染者が確認され、特に医療機関や福祉施設等でクラスターとなった事例が多数発生しています。それに伴い、確保病床の占有率についても、67.1%(2月9日時点)となっており、病床のひっ迫が続いております。

発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

明日から、3連休に入ります。市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月10日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月9日)

本日、市内の市立小学校での感染が確認され、また、市職員、市施設職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

新型コロナウイルス感染症について、政府は、2月13日(日曜)が期限の東京都など13都県のまん延防止等重点措置について、医療機関のひっ迫が続いているため、3月6日(日曜)まで3週間延長し、新たに高知県にも重点措置を適用する方針を発表しました。

これにより、まん延防止等重点措置の適用地域は、36の都道府県に拡大されることになります。

滋賀県においても、連日、多数の感染者が確認され、特に医療機関や福祉施設等でクラスターとなった事例が多数発生しています。それに伴い、確保病床の占有率についても、69.0%(2月8日時点)となっており、国に対して、まん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安の一つとされている70%前後で推移している状況が続いております。

発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月9日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年2月8日)

本日、市内の市立小学校での感染が確認され、また、市職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

新型コロナウイルス感染症については、全国的に年末から新規感染者数が急増し、全ての都道府県で過去最多を更新しており、現在、35の都道府県にまん延防止等重点措置が適用されていますが、明確に収束傾向にある地域はなく、未だピークが見えない状況であります。

滋賀県において、連日、多数の感染者が確認され、特に医療機関や福祉施設等でクラスターとなった事例が多数発生しています。それに伴い、確保病床の占有率についても、69.6%(2月7日時点)となっており、国に対して、まん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安の一つとされている70%前後で推移している状況が続いております。

発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月8日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月7日)

本日、市内の市立小中学校、保育施設での感染が確認され、また、市職員、市施設職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県において、連日、多数の感染者が確認され、1,000人を超える感染者が判明する日も出てきております。確保病床の占有率についても、69.0%(2月6日時点)となっており、依然として、医療機関へ負荷がかかっている状況が続いております。

発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、都道府県間の不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月7日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年2月6日)

昨日から本日にかけて、市内の市立小学校、保育施設での感染が確認され、また、市職員の感染も確認されております。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県において、連日、多数の感染者が確認されていることから、確保病床の占有率は71.5%(2月5日時点)となっており、医療機関へ負荷がかかっている状況が続いております。発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月6日)

感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年2月4日)

本日、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。
関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。また、感染者が日常生活に復帰した後は、他者への感染に関して問題はありませんので、地域や職場などで温かく迎えましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県において、確保病床の占有率は69.4%(2月3日時点)となっており、医療機関へ負荷がかかっている状況が続いております。発熱、のどの痛み等の症状がある場合は、感染拡大を防ぐため、受診にあたっては、まずは、お近くの診療所・クリニックに電話等で御相談いただき、診療所等が指定する方法で受診していただくようお願いいたします。
市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月4日)
感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月3日)

本日、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。

関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

政府は、感染が急拡大している和歌山県に対し、今月5日から27日までの期間、まん延防止等重点措置を適用する見込みです。

これにより、重点措置の適用地域は、35の都道府県に拡大されることになります。

滋賀県においても、確保病床の占有率は69.6%(2月2日時点)となっており、連日多数の感染者が確認されていることから、国に対してまん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安の一つとされている70%前後で推移している状況が続いております。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月3日)

感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月2日)

本日、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県における確保病床の占有率は69.4%(2月1日時点)となっており、連日多数の感染者が確認されていることから、国に対してまん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安の一つとされている70%を前後している状況が続いております。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月2日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年2月1日)

本日も、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県においては、連日多数の感染者が確認されていることから、確保病床の占有率が72.3%(1月31日時点)となっており、病床のひっ迫が続いております。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(2月1日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月31日)

本日も、市施設において職員の感染が確認され、また、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。また、中学校1校において、1月28日(金曜)から1月31日(月曜)までの間に、同一学年の9名(教職員1名・生徒8名)の感染が判明したことから、本日、保健所によりクラスターが発生したことが確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県においては、昨日、確保病床の占有率が70.4%となり、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」の5段階の警戒レベルを上から2番目の「レベル3(対策強化)」に1段階引き上げ、まん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安の一つとされている70%を超えました。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月31日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月30日)

昨日から本日にかけて、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

滋賀県においては、昨日の時点で確保病床の占有率が62.2%となっており、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」の5段階の警戒レベルを上から2番目のレベル3に1段階引き上げたうえで、まん延防止等重点措置適用の要請を検討する目安とされている70%に近づいていることから、連日の急激な感染拡大の状況も勘案すると、厳重な警戒が必要な状況であります。

市内においても、学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月30日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月28日)

本日も、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の複数の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

本日、県内では過去最多となる978人の感染が確認され、市内においても、過去最多となる117人の感染が確認されており、連日、感染者数の過去最多を更新している状況です。市内の学校施設や保育施設などでも感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。
市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月28日)
感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月27日)

本日も、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の複数の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。

誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。

新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。


市長ブログ(1月27日)

感染リスクが高まる『5つの場面』

市内における感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月26日)

本日も、市庁舎において市職員の感染が確認され、また、市内の複数の市立小中学校、保育施設で感染が確認されました。詳しくは下記「新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況」のリンクを御確認ください。関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。
新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況

昨日、新型コロナウイルスの感染の急拡大を受けて「まん延防止等重点措置」が近隣の京都府、大阪府、兵庫県の3府県を含む34都道府県に拡大されることが決定しました。

滋賀県においては、昨日の時点で48.5%だった確保病床の占有率が70%を超えた時点を目安に、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」の5段階の警戒レベルを上から2番目のレベル3に1段階引き上げたうえで、重点措置の要請を検討する考えを示されています。

本日、県内では過去最多となる703人の感染が確認され、市内においても、過去最多となる107人の感染が確認されており、また、市内の学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月26日)

感染リスクが高まる『5つの場面』(PDF:194KB)

市内公立小中学校および市内保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月25日 )

小中学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月24日(月曜)に小学校1校、本日、小学校6校と中学校1校で新型コロナウイルス感染症に感染した児童・生徒が確認されました。

これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在濃厚接触者の調査を行っており、感染者が確認された学年ごとに判明翌日から3日間の学年閉鎖を行っております。

公立保育施設の臨時休園について

本日、市内の公立保育施設(老上こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行っているところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、老上こども園においては、施設の消毒を実施し、1月26日(水曜)から1月28日(金曜)まで臨時休園されます。

私立保育施設の臨時休園について

1月22日(土曜)に、市内の私立保育施設(あさひこども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。

これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行っているところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われており、当該施設は、すでに1月25日(火曜)までを臨時休園期間とされていますが、引き続き調査が必要なことから休園期間を1月27日(木曜)まで延長されます。

関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症について、全国的に感染の急拡大が続いており、政府は、近隣の京都府、大阪府、兵庫県など18道府県を、1月27日(木曜)から2月20日(日曜)まで新たにまん延防止等重点措置の適用することや、併せて、沖縄県、山口県、広島県の3県について、1月31日までとなっている期限を2月20日まで延長する方針を発表しました。これによりまん延防止等重点措置の適用地域は34都道府県に拡大されることになります。

市内においても、学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況となっております。

市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月25日)

市内の発生状況

市民総合交流センター、市内公立小中学校および市内保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月24日)

・市民総合交流センターでの感染判明について

1月23日(日曜)に市民総合交流センター(キラリエ草津)に勤務する職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。

当該職員は、1月16日以降勤務しておらず、他者に感染させる可能性がある時期において、職員等との接触がないため、職場における濃厚接触者等の該当はありません。なお、念のため、関係する職場の消毒を実施した上で、施設は通常どおり業務を行っております。

・小中学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月23日(日曜)に小学校1校、本日、小学校8校と中学校1校で新型コロナウイルス感染症に感染した児童・生徒が確認されました。

これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在濃厚接触者の調査を行っており、感染者が確認された学年ごとに判明翌日から3日間の学年閉鎖を行っております。


・公立保育施設の臨時休園について

本日、市内の公立保育施設3施設(第三保育所、玉川こども園、山田こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。

これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行っているところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われており、感染者が確認された施設ごとに判明翌日から3日間の臨時休園を行っております。

・私立保育施設の臨時休園について

1月22日(土曜)に市内の私立保育施設1施設(1.さくら坂東こども園)、本日に、市内の私立保育施設4施設(2.志津保育園、3.くさつ優愛保育園モンチ、4ののみちこども園、5.さくら坂南こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児・職員が確認されました。

これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われており、各施設においては、以下のとおり臨時休園とされます。


1.さくら坂東こども園につきましては、すでに1月25日(火曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、引き続き調査が必要なことから休園期間を1月26日(水曜)まで延長されます。


2.志津保育園につきましては、施設の消毒を実施し、1月25日(火曜)から1月27日(木曜)まで臨時休園されます。


3.くさつ優愛保育園モンチにつきましては、すでに1月24日(月曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、休園期間を1月27日(木曜)まで延長されます。

なお、併設する地域子育て支援センターにつきましても、同じ期間休館を延長します。

4.ののみちこども園につきましては、1月25日(火曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、休園期間を1月27日(木曜)までに延長されます。


5.さくら坂南こども園につきましては、施設の消毒を実施し、1月25日(火曜)から1月27日(木曜)まで臨時休園されます。


関係する保護者や児童、生徒、園児等の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。


市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。


市内の学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況となっていることを受け、本市では新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、外出を控えることや会食の人数を制限すること等についての呼びかけを確認しました。


市民の皆様におかれましては、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動や、混雑した場所、感染リスクが高い場所への外出は控えてください。また、会食についてはいつも一緒にいる人と認証店舗でマスク会食・同一テーブル4人以内・2時間までを目安としていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市民ブログ(1月24日)

市内公立小学校および市内保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月23日)

・小学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月21日(金曜)に小学校1校、1月22日(土曜)に小学校2校で新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。
これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在濃厚接触者の調査を行っており、感染者が確認された学年ごとに判明翌日から3日間の学年閉鎖を行っております。

・公立保育施設の臨時休園について

1月22日(土曜)に、市内の公立保育施設(山田こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。

これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行っているところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

当該施設は、すでに1月24日(月曜)までを臨時休園期間としておりますが、休園期間を1月25日(火曜)まで延長します。

・私立保育施設の臨時休園について

1月22日(土曜)に、市内の私立保育施設3施設(ののみちこども園、あさひこども園、さくら坂東こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児・職員が確認されました。
これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。
つきましては、当該3施設においては、施設の消毒を実施し、1月23日(日曜)から1月25日(火曜)まで臨時休園されます。

関係する保護者や児童、生徒、園児の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。


市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。


昨日、県内では過去最多となる701人の感染が確認され、市内においても、学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況であります。


まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出も控えていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市内公立小中学校および市内保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月21日)

小中学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月20日(木曜)に、草津市内の公立小学校1校と公立中学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童・生徒が確認されました。
これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。
つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当の児童・生徒が所属する学年を臨時休業(学年閉鎖)とします。
なお、当該学年は、すでに小学校については1月22日(土曜)まで、中学校については1月21日(金曜)まで臨時休業(学年閉鎖)としておりましたが、いずれも1月23日(日曜)まで延長されます。
また、本日、市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。
つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月22日(土曜)から1月24日(月曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

公立保育施設の臨時休園について

本日、市内の公立保育施設(山田こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した職員が確認されました。
これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行っているところです。現在、草津保健所による濃厚接触者の調査が行われております。
当該施設は、すでに1月23日(日曜)までを臨時休園期間としておりますが、休園期間を1月24日(月曜)まで延長します。

私立保育施設の臨時休園について

本日、市内の私立保育施設(くさつ優愛保育園モンチ)において新型コロナウイルス感染症に感染した職員が確認されました。
これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。
つきましては、くさつ優愛保育園モンチにおいては、施設の消毒を実施し、1月22日(土曜)から1月24日(月曜)まで臨時休園されます。
なお、併設する地域子育て支援センターにつきましても、同じ期間臨時休館します。

関係する保護者や児童、生徒、園児の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。


本日、近隣の京都府や大阪府、兵庫県を含む多くの地域において、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請することを決定されるなど、全国的に厳しい状況が続いております。


市内においても、学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出も控えていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月21日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市立ふれあい体育館・運動場、市立障害者福祉センター、市内公立小中学校および市内保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月20日)

市立ふれあい体育館・運動場での感染判明について

本日、市立ふれあい体育館・運動場において、新型コロナウイルス感染症に感染した指定管理者の職員が確認されました。当該職員は、1月17日(月曜)以降出勤しておらず、市教育委員会、保健所、施設管理者が連携し、すでに施設の消毒を済ませており、当該施設については通常通り開館しています。

市立障害者福祉センターでの感染判明について

本日、市立障害者福祉センターにおいて、新型コロナウイルス感染症に感染した指定管理者の職員が確認されました。当該職員は、1月20日(木曜)以降出勤しておりません。また、保健所による調査の結果、濃厚接触者に当たる職員はおりませんが、施設内の消毒を実施し、1月22日(土曜)までは、貸館事業、講座、サロン、機能訓練、社会適応訓練は中止、相談業務については電話対応とします。なお、障害者デイサービス事業については、継続します。

小中学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月19日(水曜)に、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月20日(木曜)から1月22日(土曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)としています。

また、本日、草津市内の公立小学校2校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月21日(金曜)から1月23日(日曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)としています。

さらに、本日、草津市内の公立中学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した生徒が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月21日(金曜)から1月23日(日曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

公立保育施設の臨時休園について

本日、市内の公立保育施設(山田こども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、山田こども園においては、施設の消毒を実施し、1月21日(金曜)から1月23日(日曜)まで臨時休園されます。

私立保育施設の臨時休園について

1月19日(水曜)と本日、市内の私立保育施設(認定こども園みのり)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

当該施設は、すでに1月21日(金曜)までを臨時休園期間とされておりますが、休園期間を1月23日(日曜)まで延長されます。なお、併設する地域子育て支援センターにつきましても、同じ期間休館を延長します。

1月19日(水曜)に、市内の私立保育施設(第二博愛保育園)において新型コロナウイルス感染症に感染した職員が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

当該施設は、すでに1月21日(金曜)までを臨時休園期間とされておりますが、休園期間を1月22日(土曜)まで延長されます。

関係する保護者や児童、生徒、園児などの皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

政府は、昨日、まん延防止等重点措置を適用する地域に13都県を今月21日から来月13日までの期間で追加し、すでに今月31日までとなっている3県から16都県に拡大することを決定しました。また、近隣の京都府や大阪府、兵庫県においても、「まん延防止等重点措置」の要請を検討されている状況にあり、厳しい状況が続いております。

県においても、本日には過去最多となる462人の感染が確認され、市内においても、過去最多となる61人の感染が確認され、学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月20日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市庁舎、市内公立小学校および市内私立保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月19日)

市庁舎での感染判明について

本日、建設部に勤務する職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。

当該職員は窓口対応をしておらず、1月15日(土曜)以降勤務しておりませんが、保健所と連携して適切に対応してまいります。なお、関係する職場の消毒を実施した上で、市役所は通常どおり業務を行っております。

小学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月18日(火曜)に、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月19日(水曜)から1月21日(金曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)としています。

また、本日、草津市内の公立小学校3校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月20日(木曜)から1月22日(土曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

私立保育施設の臨時休園について

本日、市内の私立保育施設(志津保育園)において新型コロナウイルス感染症に感染した職員が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、志津保育園においては、施設の消毒を実施し、1月20日(木曜)から1月22日(土曜)まで臨時休園されます。

また、本日、市内の私立保育施設(PureKIdsみのり保育園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

当該施設は、すでに1月20日(木曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、休園期間を1月22日(土曜)まで延長されます。

さらに、市内の私立保育施設(第二博愛保育園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されたことを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、対応を行っているところです。

当該施設は、すでに1月18日(火曜)から1月20日(木曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、引き続き調査が必要なことから休園期間を1月21日(金曜)まで延長されます。

関係する保護者や児童、園児の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

政府は、まん延防止等重点措置を適用する地域に、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、新潟県、愛知県、岐阜県、三重県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県の13都県を追加し、期間は今月21日から来月13日までとする方針を発表しました。これによって重点措置の適用地域は、すでに今月31日までとなっている沖縄県、山口県、広島県の3県から16都県に拡大されることになります。

市内においても、学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。


市長ブログ(1月19日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市内公立小中学校での感染判明および市内私立保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月18日)

小中学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月17日(月曜)に、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月18日(火曜)から1月20日(木曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

また、本日、草津市内の公立中学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した生徒が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月19日(水曜)から21日(金曜)までの3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

私立保育施設の臨時休園について

1月17日(月曜)に市内の私立保育施設(PureKidsみのり保育園)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、PureKidsみのり保育園においては、施設の消毒を実施し、1月18日(火曜)から1月20日(木曜)まで臨時休園されます。

また、本日、市内の私立保育施設(認定こども園みのり)において新型コロナウイルス感染症に感染した園児が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、認定こども園みのりにおいては、施設の消毒を実施し、1月19日(水曜)から1月21日(金曜)まで臨時休園されます。なお、併設する地域子育て支援センターにつきましても、同じ期間臨時休館されます。

さらに、本日、市内の私立保育施設(さくらがおかこども園)において新型コロナウイルス感染症に感染した職員が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

当該施設は、すでに1月20日(木曜)までを臨時休園期間とされておりましたが、休園期間を1月21日(金曜)まで延長されます。

関係する保護者や児童、園児、生徒の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

市内の学校施設や保育施設などで感染判明が相次いでおり、感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月18日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市内の私立保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月17日)

本日、市内の私立保育施設(さくらがおかこども園)において新型コロナウイルス感染症の陽性者(園児)が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、さくらがおかこども園においては、施設の消毒を実施し、1月18日(火曜)から1月20日(木曜)まで臨時休園されます。なお、さくらがおかこども園では、1月15日(土曜)に職員の感染が確認されましたが、保健所の調査の結果濃厚接触者がいないとされたため、本日から再開をしておりました。今回の感染者との間には関連がありません。関係する保護者や園児の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

また、本日、市内の私立保育施設(第二博愛保育園)において新型コロナウイルス感染症の陽性者(園児)が確認されました。これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。

つきましては、第二博愛保育園においては、施設の消毒を実施し、1月18日(火曜)から1月20日(木曜)まで臨時休園されます。関係する保護者や園児の皆様には御不便をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。

市内では、新型コロナウイルス感染症に関して、デマや誹謗中傷など心ない声も聞こえています。市民の皆様には、公的機関の提供する情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月17日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市民交流プラザおよび市内の私立保育施設での感染判明を受けての市長メッセージ(令和4年1月16日)

1月14日(金曜)に草津市立市民交流プラザにおいて、施設利用者が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。

当該施設利用者は、1月12日以降、施設利用をしておりませんが、今後も保健所とともに対応し、念のため、施設の消毒を実施し、これまで通り開館を継続しています。
また、1月15日(土曜)に市内の私立保育施設(さくらがおかこども園)において新型コロナウイルス感染症の患者(職員)が確認されました。
これを受けて、当該施設と本市幼児課、保健所、滋賀県子ども・青少年局が連携し、事実確認や保護者への連絡等の対応を行ったところです。現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われております。
つきましては、さくらがおかこども園においては、施設の消毒を実施し、1月16日(日曜)から1月18日(火曜)まで臨時休園されます。
関係する利用者、保護者、園児等の皆様には御不便をおかけしますが、御理解と御協力をお願いいたします。
市民の皆様には、根拠のないうわさや風評被害が生じないよう、冷静な対応をお願いします。また、感染者や濃厚接触者、その家族等を特定することがないよう、人権への配慮をお願いいたします。
感染が急拡大している危機的な状況であります。まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月16日)

市庁舎、市内公立小学校および児童育成クラブでの感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月14日)

・市庁舎での感染判明について

1月13日(木曜)に、教育委員会事務局に勤務する職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
当該職員は窓口対応をしておらず、1月13日(木曜)以降勤務しておりませんが、保健所と連携して適切に対応してまいります。なお、関係する職場の消毒を実施した上で、市役所は通常どおり業務を行っております。

・小学校の臨時休業(学年閉鎖)について

1月13日(木曜)に、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。
当該小学校では、すでに該当の児童が所属する学年を1月13日(木曜)から1月15日(土曜)まで臨時休業(学年閉鎖)としておりましたが、1月16日(日曜)まで臨時休業(学年閉鎖)を延長します。
また、本日、上記小学校とは別の公立小学校1校で新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認され、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を1月15日(土曜)から1月17日(月曜)まで臨時休業(学年閉鎖)とします。
これらを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

・児童育成クラブの臨時休所について

児童育成クラブ「のびっ子」笠縫(笠縫小学校内)について、1月14日(金曜)に、職員の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

これを受けて、保健所による濃厚接触者等の調査が行われているところですが、さらなる感染拡大防止および職員の確保が困難なことから、1月15日(土曜)から1月21日(金曜)まで臨時休所します。

市民の皆様には、根拠のないうわさや風評被害が生じないよう、冷静な対応をお願いします。また、感染者や濃厚接触者、その家族等を特定することがないよう、人権への配慮をお願いいたします。

滋賀県においては、昨日、これまでの新規感染者数を大きく更新する287名の感染が確認されました。新規感染者数の急増に伴い、最大確保病床の使用率が急上昇しており、宿泊療養者数、自宅療養者数も増えています。

これを受けて、本日、県が新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開催し、コロナとのつきあい方滋賀プラン」における対応についての方針を決定しました。
草津市においても、昨日、過去最多となる45名の感染が確認され、感染が急速に拡大しており、危機的な状況となっております。
本市では、本日、新型コロナウイルス感染症対策幹部会議を開催し、市施設の感染症対策の徹底を指示しました。
年末年始にかけて、家族や普段会っている人以外との交流や移動が増えたことや、休暇明けの本格的な社会経済活動の再開により、感染機会が増加することから、新規感染者数およびクラスター事例の増加とともに医療提供体制が悪化しています。市民の皆様におかれましては、基本的な感染症対策の徹底をお願いします。

・手洗い、マスクの着用、密の回避(換気、距離の確保)などの基本的な感染症対策を、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭やイベントなどで徹底し、ワクチン接種後も継続してください。

・ワクチン接種について、追加接種の接種券が届いた方・未接種の方は発症予防・重症化予防などの観点から、ワクチンの種類にかかわらず前向きな接種の検討をお願いします。

・まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力控えてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしてください。

・会食について、なるべく普段一緒にいる人と、「みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度」の認証を受けた店舗を利用していただき、マスク会食・少人数・短時間など感染リスクを下げる工夫をしてください。

・滋賀県では、年末から無症状の方に対するPCR検査等の無料検査を実施していますので、無料検査実施事業者での検査受検(滋賀県ホームページ外部リンク)をご覧のうえ、受検いただければと思います。

感染が急拡大している危機的な状況であります。一人ひとりの警戒レベルの引き上げをし、さらなる感染拡大を防ぎましょう。

市長ブログ(1月14日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│新型コロナウイルス感染症に関する滋賀県の状況について(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│現在の感染拡大防止対策について(外部リンク)

市内公立小学校での感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月12日)

本日、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。

これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当の児童が所属する学年を令和4年1月13日(木曜)~15日(土曜)の3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

関係する保護者や児童の皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

市民の皆様には、根拠のないうわさや風評被害が生じないよう、冷静な対応をお願いします。また、感染者や濃厚接触者、その家族等を特定することがないよう、人権への配慮をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症とはまだまだ共存していかなければならず、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月12日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市内公立小学校での感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月11日)

本日、草津市内の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した教職員が確認されました。また、別の公立小学校1校で、新型コロナウイルス感染症に感染した児童が確認されました。これを受けて、市教育委員会、保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行い、現在、保健所による濃厚接触者の調査が行われているところです。

つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当する学年を令和4年1月12日(水曜)~14日(金曜)の3日間臨時休業(学年閉鎖)とします。

関係する保護者や児童の皆さまにはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

市民の皆さまには、根拠のないうわさや風評被害が生じないよう、冷静な対応をお願いします。また、感染者や濃厚接触者、その家族等を特定することがないよう、人権への配慮をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症とはまだまだ共存していかなければならず、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月11日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

市内公立小学校での感染判明を受けての市長メッセージ (令和4年1月9日)

令和4年1月8日(土曜)、草津市内の公立小学校1校において、児童が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
 これを受けて、市教育委員会、草津保健所等が連携し、保護者への連絡等の対応を行うとともに、現在、草津保健所による濃厚接触者等の調査が行われております。
 つきましては、さらなる感染拡大の防止のため、該当の児童が所属する学年を、令和4年1月9日(日曜)から1月11日(火曜)まで臨時休業(学年閉鎖)とします。
 関係する保護者や児童の皆さまにはご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。
市民の皆さまには、根拠のないうわさや風評被害が生じないよう、冷静な対応をお願いします。また、感染者や濃厚接触者、その家族等を特定することがないよう、人権への配慮をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症とはまだまだ共存していかなければならず、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしていただき、手洗い、マスク着用、密の回避などの基本的な感染症対策を感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭、職場などで今一度徹底し、ワクチン接種後も継続していただきますようお願いいたします。

市長ブログ(1月9日)

「コロナとのつきあい方滋賀プラン」におけるレベル判断引上げ(「レベル1」から「レベル2」)を受けての市長メッセージ(令和4年1月7日)

全国的な新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大を受けて、政府は、沖縄県と山口県、広島県の3県にまん延防止等重点措置を1月9日から今月末まで適用する方針です。

滋賀県においても、1月5日に人口10万人当たりの新規陽性者数が10を超え、これまでも、10を超えると急激に感染者が増加すること、オミクロン株疑い例の増加が認められることから、感染拡大速度が今以上に早くなる可能性が懸念されています。

これを受けて、本日、県が新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開催し、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」におけるレベル判断と対応についての方針を決定され、客観的指標によるレベル判断を「レベル1」から「レベル2」に引き上げられ、今後の対応について決定しました。

草津市においても、年末年始にかけて新規陽性者の発生が断続的に続いており、特に直近1週間(12月31日から1月6日)の新規陽性者数の平均は3人となっており、昨年の第5波において、滋賀県が「感染再拡大警戒局面」であるとし、その後、爆発的な感染拡大となった昨年の7月下旬の1週間(7月21日から7月27日)の新規陽性者数の平均(3.8人)と比較して同水準に近付いていることから、滋賀県全体の急激な感染拡大の状況も勘案すると、厳重な警戒が必要な状況であります。

それを受け、本市では、本日、新型コロナウイルス感染症対策幹部会議を開催し、今後の対応について決定を行いました。

今後、成人式や学校の再開などで、家族や普段会っている人以外との交流や移動が増え、休暇明けの本格的な社会経済活動の再開が予想されます。市民の皆様におかれましては、基本的な感染症対策の徹底をお願いします。

  • 手洗い、マスクの着用、密の回避(換気、距離の確保)などの基本的な感染症対策を、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭やイベントなどで徹底し、ワクチン接種後も継続してください。
  • ワクチン接種について、追加接種の接種券が届いた方・未接種の方は発症予防・重症化予防などの観点から、ワクチンの種類にかかわらず前向きな接種の検討をお願いします。
  • ワクチン接種済または検査結果の陰性確認済の方を除き、まん延防止等重点措置実施区域等への不要不急の移動は極力避けてください。また、混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は慎重にしてください。
  • 新年会・成人式前後の集まりなどでの会食については、なるべく普段一緒にいる人と、「みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度」の認証を受けた店舗を利用していただき、マスク会食など感染リスクを下げる工夫をしてください。
  • 成人式については、会場やその周辺で密集せず感染対策の徹底をし、体調が悪い場合は参加を控えてください。
  • 滋賀県では、年末から無症状の方に対するPCR検査等の無料検査を実施していますので、無料検査実施事業者での検査受検(滋賀県ホームページ 外部リンク)をご覧のうえ、受検いただければと思います。

こういった対策を徹底できなければ、今後、再び大きな流行を繰り返すことになります。第5波の状況を今一度思い返していただき、一人ひとりの警戒レベルの引き上げをし、さらなる感染拡大を防ぎましょう。

直近1週間の新規陽性者数(人)
  12月31日 1月1日 1月2日 1月3日 1月4日 1月5日 1月6日
滋賀県 13 8 11 10 40 54 74
うち草津市 6 4 1 2 4 3 1

2021年7月21日から7月27日までの新規陽性者数(人)【参考】
  7月21日 7月22日 7月23日 7月24日 7月25日 7月26日 7月27日
滋賀県 13 22 14 11 12 25 31
うち草津市 1 4 3 0 3 7 9

市長ブログ(1月7日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│年末年始の相談窓口(発熱などの症状がある場合)(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│新型コロナウイルス感染症に関する滋賀県の状況について(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│現在の感染拡大防止対策について(外部リンク)

「コロナとのつきあい方滋賀プラン」におけるレベル判断引上げを受けての市長メッセージ(令和4年1月5日)

新型コロナウイルス感染症については、滋賀県の先週の新規陽性者数は54人と5週連続で増加傾向にあり、第5波の立ち上がり時に特徴的であった20歳代および感染経路不明者の増加が見られています。また、10月下旬以降確認されていなかったクラスターも発生しています。他府県の状況を見ると、大阪府、京都府や東京都などの都市部で増加傾向が続いています。これらの状況から、増加局面に入ったと考えられます。

これを受けて、昨日、県が新型コロナウイルス感染症対策本部員会議を開催し、「コロナとのつきあい方滋賀プラン」におけるレベル判断と対応についての方針を決定され、客観的指標によるレベル判断を「レベル0」から「レベル1」に引き上げられました。

草津市においても、12月31日に6名の新規陽性者が確認され、10月14日以来、およそ1ヵ月半ぶりに、5人以上の感染確認となりました。また、市内の飲食店において、クラスターが発生するなど、新規陽性者の発生が断続的に続いております。それを受け、本市では、本日、新型コロナウイルス感染症対策幹部会議を開催し、今後の対策について情報共有を行いました。

年末年始には、忘年会・新年会、帰省や旅行などで普段会わない人との接触や大勢での会食の機会が増えたことが想定され、今後、新規陽性者数が急増することを想定しておく必要がありますので、市民の皆様におかれましては、基本的な感染症対策の徹底をお願いします。

  • 手洗い、マスクの着用、密の回避(換気、距離の確保)などの基本的な感染症対策を、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しながら、家庭やイベントなどで徹底し、ワクチン接種後も継続してください。
  • ワクチン接種について、追加接種の接種券が届いた方・未接種の方は発症予防・重症化予防などの観点から、ワクチンの種類にかかわらず前向きな接種の検討をお願いします。
  • 新年会・成人式前後の集まりなどでの会食については、なるべく普段一緒にいる人と、「みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度」の認証を受けた店舗を利用していただき、マスク会食など感染リスクを下げる工夫をしてください。
  • 成人式については、会場やその周辺で密集せず感染対策の徹底をし、体調が悪い場合は参加を控えてください。
  • 滋賀県では、年末から無症状の方に対するPCR検査等の無料検査を実施していますので、無料検査実施事業者での検査受検(滋賀県ホームページ 外部リンク)をご覧のうえ、受検いただければと思います。

一人ひとりの行動が感染拡大防止につながります。今一度、基本的な感染対策を徹底し、感染拡大を食い止めましょう。

市民の皆様へ(1月5日)

新型コロナウイルス感染症の発生状況(2022年)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│知事メッセージ(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│年末年始の相談窓口(発熱などの症状がある場合)(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│新型コロナウイルス感染症に関する滋賀県の状況について(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ│現在の感染拡大防止対策について(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 危機管理課 危機管理係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2325
ファクス:077-561-6852

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る