このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 保健
  4. 予防接種
  5. B型肝炎ワクチン予防接種

本文ここから

B型肝炎ワクチン予防接種

更新日:2019年4月1日

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスが血液・体液を介して感染して起きる肝臓の病気で、日本では約130から150万人(およそ100人に1人)が感染していると推定されています。
一過性に発症する「急性肝炎」と持続感染者に起きる「慢性肝炎」に大別されます。
乳幼児期に感染すると慢性肝炎になりやすく、その後肝硬変や肝がんに発展する可能性が高くなります。
抗体獲得率が高い0歳の時期に接種をして予防をすることが大切です。

B型肝炎予防接種について詳しくはこちらからご覧ください。

接種対象者

接種当日に草津市に住民登録があり、1歳の誕生日の1日前の方

  • HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児で、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた方は対象外となります。

接種回数と標準的な接種間隔

1回目の接種:生後2か月以降
2回目の接種:1回目の接種から27日以上あけて接種する
3回目の接種:1回目の接種から139日以上あけて接種する
注記:1回目の接種から3回目の接種を終えるまでは、およそ半年間かかります。

関連ページ

予防接種について

予防接種の注意事項

予防接種実施医療機関や予防接種の注意事項などについては、上記リンク先からご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2323
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る