このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

10月は臓器移植普及推進月間・骨髄バンク推進月間です

更新日:2018年10月2日

毎年10月は、臓器移植や骨髄移植に関する正しい知識の啓発および提供者(ドナー)の確保を目的とした取組を実施しています

臓器移植とは

重い病気や事故などにより臓器の機能が著しく低下し、移植によってのみ、その回復が見込まれる人に対して行う医療です。
この医療は、医師と患者さんだけでなく、第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立ちません。
臓器提供は、脳死後あるいは心臓が停止した死後にできます。2010年7月17日に改正臓器移植法が全面施行され、本人の意志が不明な場合には、家族の承諾で臓器提供できるようになりました。これにより、15歳未満の方からの脳死後の臓器提供も可能となりました。
また、死後に臓器を提供する意思にあわせて親族に優先的に提供できる意思を書面により表示できるとした親族優先提供も2010年1月17日に施行されています。
自分が最期を迎えたときに、誰かの命を救うことができます。自分の意思を尊重するためにも、臓器移植について考え、家族や大切な人と話し合い意思表示をしておくことが大切です。

骨髄バンクとは

骨髄移植を希望する患者さんのために、健康な人(非血縁者)のHLA(白血球)データをあらかじめ調べて登録しておく公的機関です。
HLA型が適合する確立は、兄弟姉妹間でない限り、数百から数百万分の1となってしまいます。従って、骨髄移植を望む患者さんがいても、ご自身でHLA型の一致する骨髄提供希望者(ドナー)さんを兄弟姉妹以外の中から探すのは非常に困難です。骨髄バンクは、多くの方々から提供希望者を募り、ドナー登録・管理を行い、また、骨髄移植希望者と骨髄提供希望者とのコーディネートを行っています。
一人でも多くの患者さんを救うには、一人でも多くのドナー登録が不可欠です。
家族や大切な人と臓器提供や骨髄バンクについて話し合い、気持ちを意思表示しましょう。

臓器移植普及推進キャンペーン

臓器移植意思表示カード等の普及啓発資材を配布し、臓器移植に関する理解や協力をよびかけます。

日時・場所

平成30年10月21日(日曜) 10時から13時まで
イオンモール草津(1階イオンスタイル前)とイオン近江八幡ショッピングセンターにて


グリーンリボン(世界的な移植医療のシンボルマークです)

日本骨髄移植ネットワークや日本骨髄バンクに関する詳しい情報について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本臓器移植ネットワークのホームページ(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本骨髄バンクのホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2323
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る