このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 教育委員会
  4. 教育委員会
  5. 教育長メッセージ
  6. 平成31年1月教育長メッセージ

本文ここから

平成31年1月教育長メッセージ

更新日:2019年1月4日

今年も改革志向で、前向きに!

 嬉しい報告があります。
 一つ目は、小学5年と中学2年生全員を対象に行われた全国体力テストで、草津の児童生徒の結果が年々向上し続けていることです。小学校は男子、中学校では男女ともに全国平均を大きく上回りました。数年前、特に、小学校で男女ともに全国、県平均を下回っていることが大きな課題でしたが、今回は、男子が全国平均を超えることとともに女子も県平均を超えるようになってきました。平成27年度より開始した「体力向上プロジェクト」で、立命館大学スポーツ健康科学部の先生や研究室の学生、体育主任等が一丸となって、体育科の授業改善、日常の体力づくりなどを進めていただきました。これまでの関係機関の皆さんが熱心かつ意欲的に取り組んでいただいたおかげだと有難く思っています。
 二つ目は、Pepperを使った「草津市プログラミングコンテスト」の優秀校から2校が、ソフトバンク社のビデオ審査を経て、全国大会への出場が決定したことです。2校は南笠東小学校と老上中学校の2チームで、2月10日に東京でPepperを使ったプレゼンを行います。本市は平成29年度からソフトバンク社の社会貢献プログラムに参加しており、市内全小学校と老上中学校に合計100体のPepperが無償貸与されています。教職員の熱心な取組によって、今では、プログラミング教育全般において、新学習指導要領が目指す教育を実践しています。過日開催した市のコンテストでは、子どもたちのプログラミングに必要な知識・技能はもちろん、豊かな発想や粘り強い姿勢なども感じました。生き生きとした様子から、子どもの可能性の素晴らしさを感じ、参観した大人全員が大きな拍手を送りました。草津で学んだ子どもたちが、これからの社会で力強く生きていくであろうと思うと嬉しくなりました。
 三つ目は、市内の榊差遺跡で仏像の光背とみられる鋳型が発見されたことです。光背の現存例は少なく、鋳型が発見されたのは国内で初めてです。5月にも獣脚鋳型(じゅうきゃくいがた)も発見されましたが、いずれも、国内最古級で奈良時代前半のものと考えられます。周辺には古代寺院の笠寺廃寺もあり、当時、この地では、仏具など寺院関係のものの製作が盛んで、先端技術を駆使した大規模な鋳造工房が広がっていたと想像できます。草津は、江戸時代の初めに東海道の宿場として整備された草津宿をきっかけに発展したことは広く知られていますが、榊差遺跡、野路小野山製鉄遺跡、木瓜原(ぼけはら)遺跡など、草津にある遺跡から古代の様子を思い浮かべるとき、当時の人々の営みが今の草津を形作る確かな礎になっていることを感じます。歴史のロマンを感じる貴重な発見を喜んでいます。
 草津の教育行政は今年も改革志向で前向きに取り組みます。確かな手ごたえを心の糧として、着実に歩みたいと思っています。ご支援ご協力をお願いします。ともに、全国に誇れる取組を進めていきましょう。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課 総務係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2425
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る