このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 教育委員会
  4. 教育委員会
  5. 教育長メッセージ
  6. 令和元年7月教育長メッセージ

本文ここから

令和元年7月教育長メッセージ

更新日:2019年7月1日

よさや強みが生かされた草津のスポーツ振興

 平成29年度・30年度の2年間の工事を終え、市民待望の「YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)」がオープンしました。6月22日には式典が行われ、翌23日には、記念試合としてVリーグ女子、東レアローズ対トヨタ車体クインシーズが行われました。なんと約2300人の方が観戦に来られ、盛況なスタートを切ることができました。

 新施設はJR草津駅から徒歩10分の地にあり、地上2階建て、のべ約19000平方メートルの敷地に大小二つのアリーナを備えています。メインアリーナは、バスケットボールで2面、バレーボールでは3面、バドミントンだと10面が取れる大きさで最大3500人の観客を収容できます。また、サブアリーナもバスケットボールコート1面が取れます。さらに、ランニングコースやコミュニティラウンジなどもあり、空調も整備され、市民の皆さんには、これまで以上にスポーツライフを楽しんでいただけると思っています。
 草津のスポーツ振興には、草津のよさや強みがうまく生かされているように感じます。その一つ目は、草津では市民の参画による取組が活発で、スポーツイベントの開催等に地域や関係団体の力が発揮されていることです。地域の各種スポーツはもとより、「スポーツ・レクリエーション祭」や「チャレンジスポーツデー」という全市的なイベントの開催にも、大きなお力添えをいただいています。
 二つ目は、立命館大学との連携です。例えば、市内小学6年生の全児童が立命館大学のクインススタジアムに結集する「ジュニアスポーツフェスティバルKUSATSU」があります。子どもたちが大学のアスリートとふれあうなかで、スポーツを楽しんだり、スポーツへのあこがれを持ったりするなど、運動好きの子どもたちの育成につながっています。また、「体力向上プロジェクト」では、大学と小学校体育連盟の連携によって短時間運動プログラムが開発され、学校で実践が行われているなど、全国的にすばらしい取組があります。ほかにも、地域では「健康バンド」による筋力トレーニングが行われ、地域の健康づくりにつながっていますが、この開発も大学との連携によるものです。
 そして、三つ目には、このたび誕生した「YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)」があげられます。また、今後予定されている「(仮称)草津市立プール」も、草津の強みになっていくことでしょう。子どもから高齢者、ビギナーからアスリートまで、また、障害のあるなしにかかわらず、だれもが利用しやすい施設となるように進めていきたいと思います。さらには、スポーツ大会の開催などによって、中心市街地の新たなにぎわいを創出していくことや、「健幸都市くさつ」の実現に向けて市民の健康づくりにも寄与できると思います。
 来年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されます。再来年は「ワールドマスターズゲームズ2021関西」、そして、令和6年には「国民スポーツ大会、全国障害者スポーツ大会」が滋賀県で開催されます。草津で開催される種目としては、国スポではバレーボール(成年男女)、バスケットボール(少年女子)、ソフトボール(少年男子)、軟式野球(成年男子)が内定し、また、水泳も内定される予定です。全国障害者スポーツ大会ではバレーボールが行われます。
 本市のスポーツ振興にとっては絶好の機会です。今後、スポーツ推進計画の理念、「“ALLくさつ”でつくる『みんながスポーツ大好きなまち くさつ』」の実現につながるよう着実な取組を進めていきたいと考えています。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課 総務係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2425
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る