このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度防犯参考情報

更新日:2016年9月14日

No.24:特殊詐欺多発警報が発令されました

 平成28年3月17日(木曜)から3月26日(土曜)までの10日間、「特殊詐欺多発警報」が発令されました。
2月1日から2月20日まで、県内全域に「特殊詐欺多発注意報」を発令し、主に電子マネーによる被害への警戒を呼びかけていたところですが、特にここ数日、県内で還付金名目や架空請求による詐欺被害の申告、不審電話等の相談が相次いでおり、今後も特殊詐欺被害の発生が懸念されることから、滋賀県から特殊詐欺多発警報が発令されました。
 特殊詐欺の手口は、多様化、また巧妙化し、日々変わってきています。
 少しでも不審に感じたら、警察や市役所へ相談してください。また、周囲の人々へ、詐欺に遭わないよう呼びかけてください。

多発注意報の延長期間等

  • 延長期間:平成28年3月17日(木曜)から3月26日(土曜)までの10日間
  • 発令地域:県内全域

被害の発生状況

平成28年1月~3月16日

被害件数28件(昨年同期比+9件)、被害額約4,747万円(昨年同期比-約4,656万円)
内訳:オレオレ詐欺3件、還付金等詐欺3件、架空請求詐欺22件(電子マネー被害:15件、約517万円)

平成28年3月中(3月16日現在)

被害件数11件(昨年同期比+7件)、被害額約1,440万円(昨年同期比-約204万円)
内訳:オレオレ詐欺1件、還付金等詐欺3件、架空請求詐欺7件(電子マネー被害:5件、約289万円)

No.23:特殊詐欺多発注意報が延長されました

 平成28年2月1日(月曜)から2月10日(水曜)までの10日間、「特殊詐欺多発注意報」が発令されておりましたが、発令期間中も有料サイトの料金未納等を口実として、電子マネーや現金が騙し取られる被害を3件認知し、今後も同様の被害の発生が懸念されることから、滋賀県警察本部から特殊詐欺多発注意報の延長が発令されました。
 特殊詐欺の手口は、多様化、また巧妙化し、日々変わってきています。
 少しでも不審に感じたら、警察や市役所へ相談してください。また、周囲の人々へ、詐欺に遭わないよう呼びかけてください。

多発注意報の延長期間等

  • 延長期間:平成28年2月11日(木曜)から2月20日(土曜)までの10日間
  • 発令地域:県内全域

被害の発生状況

既発令期間中の発生 3件

2月1日:架空請求詐欺(訴訟取り下げ名目)現金振込 150万円
2月5日:架空請求詐欺(有料サイト料金請求名目)電子マネー 30万円
2月8日:架空請求詐欺(有料サイト料金請求名目)現金振込 228万円

平成28年中の発生累計(2月9日現在)

特殊詐欺(全て架空請求詐欺)10件(被害総額約2,554万円)
うち電子マネー被害 7件(被害総額約125万円)

No.22:特殊詐欺多発注意報が発令されました

 平成28年2月1日(月曜)から2月10日(水曜)までの10日間、「特殊詐欺多発注意報」が発令されました。
 電子マネーによる特殊詐欺被害は、県内において平成26年中は8件、平成27年中は32件あり、年々増加傾向にありますが、平成28年1月中は、特殊詐欺被害7件中6件が電子マネーによる被害であり、今後、同様の被害が多発することも懸念されることから、滋賀県警察本部から特殊詐欺多発注意報が発令されました。
 特殊詐欺の手口は、多様化、また巧妙化し、日々変わってきています。
 少しでも不審に感じたら、警察や市役所へ相談してください。また、周囲の人々へ、詐欺に遭わないよう呼びかけてください。

多発注意報の発令期間等

  • 発令期間:平成28年2月1日(月曜)から2月10日(水曜)までの10日間
  • 発令地域:県内全域

被害の発生状況

平成27年中の電子マネーによる被害状況

 被害件数32件(平成26年対比+24件、+300%)
 被害額約1,033万円(平成26年対比+約713万円、+223%)

平成28年1月中の電子マネーによる被害状況(1月31日現在)

 被害件数6件(平成27年1月対比+3件)
 被害額約96万円(平成27年1月対比+約57万円)

特徴

年代・性別

 20歳代3人(3人とも女性)
 50歳代3人(男性2人、女性1人)

手口

 全て架空請求
 (内訳)アダルトサイト等有料サイト利用料金・登録料名目4件、訴訟関係費用名目1件、投資名目1件

No.21:草津市で不審電話が発生しました

市内では12月に入ってから、高齢者宅に市役所職員『ヤマネ』『ササキ』と名乗る者から連日、不審電話が頻発しています。
キーワードは「医療費の還付金がある」、「金融機関へ行って」、「コールセンター(フリーダイヤル)へ電話して」、「封筒が届いていませんか?」などといった共通点があります。
これらのキーワードが出たら、一度電話を切り、直ぐに市役所などへ確認してください。
年末年始にかけて今後も多発することが予想されます。被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。
また、ご家族や知人の方にもこのような不審な電話が多いことを広く声掛けをしていただいて、日頃から注意してください。

被害に遭わないポイント

市役所から金融機関へ誘導することは絶対にありません。

No.20:草津市で不審電話が発生しました

市内では12月に入ってから連日、高齢者宅に対し、市役所職員『ヤマネ』『ササキ』と名乗る者から不審電話が頻発しています。
キーワードは「医療費の還付金がある」、「金融機関へ行って」、「コールセンター(フリーダイヤル)へ電話して」、「口座番号や残高、暗証番号」などといった共通点があります。
これらのキーワードが出たら、一度電話を切り、直ぐに市役所などへ確認してください。
今後も不審電話が多発することが予想されます。被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。
また、ご家族や知人の方にもこのような不審な電話が多いことを広く声掛けをしていただいて、日頃から注意してください。

被害に遭わないポイント

市役所から金融機関へ誘導することは絶対にありません。

No.19:草津市で不審電話が発生しました

市内では12月に入ってから連日、高齢者宅に対し、市職員を名乗る者から不審電話が頻発しています。
キーワードは「医療費の還付金がある」、「金融機関へ行って」、「口座番号や残高、暗証番号」などといった共通点があります。
少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所などへ確認してください。
被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。
また、ご家族や知人の方にもこのような不審な電話が多いことを広く声掛けをしていただいて、日頃から注意してください。
時間を変え、日を変えて何度も電話がかかってくることがありますが、取り合わないようにしてください。

被害に遭わないポイント

市役所から金融機関へ誘導することは絶対にありません。

No.18:草津市で不審電話が発生しました

市内在住の女性宅に、市役所職員を名乗る者から不審電話がありました。
12月10日(木曜)、市役所の医療保険の係を名乗る者から「医療保険の還付手続きが済んでいませんので、手続きをしてください。」と電話がありました。
女性は友人から似たような電話があったと聞いていたので不審に思い、「市役所からは文書やはがきでもらっている」と答えると、電話が切られました。
今回は、女性が日頃から知人・友人と情報共有をしていたことや、市役所ではそのような対応をしないと正しい知識を持っていたことから、未遂に終わりました。

市内では、12月に入ってから不審電話が多発しております。
少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所などへ確認してください。
被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。

No.17:草津市で不審電話が発生しました

市内在住の高齢者に対し、市職員を名乗る者から不審電話がありました。
12月8日(火曜)、市役所保険第一課ヤマネと名乗る男より「平成27年11月30日締め切りの手続きが完了していません。色の封筒が手元に届いていますか。」と言われ、わからないと答えると後日再度電話すると言われ、電話が切れました。
翌日9日(水曜)に再度電話があり、前日と同じ内容を問われたので不審に思い、市役所に行きますと言ったところ、相手は慌てる様子もなく、電話を切りました。
今回は、不審に感じた女性が電話を切ったことで、未遂に終わりました。

市内では、12月入ってから不審電話が多発しております。
少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所などへ確認してください。
被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。

No.16:草津市で不審電話が発生しました

12月4日(金曜)、市内在住の70代の女性に対し、市職員を名乗る者から不審電話がありました。
内容は、「高額医療費の提出期限が過ぎたがまだ出ていない。今日までに受け取ってほしい。」とのことでした。
その後、自宅から離れた銀行のATMに誘導し、口座番号とキャッシュカードの暗証番号を聞き出したうえ、操作を促したものです。
今回は、不審に感じた女性が電話を切ったことで、未遂に終わりました。
市役所から、ATMに誘導することはありません。
少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所などへ確認してください。
被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。

被害に遭わないポイント 

市役所から、ATMへ誘導することは絶対にありません。このような電話やメールがあった際には、必ず詐欺ですので、家族や警察に相談してください。
また、少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所へ確認して下さい。

No.15:特殊詐欺多発警報の発令が延長されました

 11月10日(火曜)から11月19日(木曜)までの間、県内全域に犯罪多発警報(特殊詐欺多発警報)を発令中でしたが、期間中も架空請求詐欺等の被害が明らかとなり、更に、オレオレ詐欺や還付金詐欺の不審電話の相談も相次いで寄せられていることから、犯罪多発警報の期間が延長になりました。

多発警報の延長期間および地域

  • 発令期間:平成27年11月20日(金曜)から11月29日(日曜)までの10日間
  • 発令地域:県内全域

既発令期間中(10日~19日)の被害認知および不審電話相談件数

被害認知

5件(被害額約900万円)

内訳

架空請求詐欺3件、オレオレ詐欺1件、還付金詐欺1件
(発生累計92件、被害額約3億8,600万円11月19日現在)

不審電話相談

119件(11月中 計208件)

被害に遭わないためのポイント

  • 「ATMに行って」や「現金を送って。取りに行く」などは間違いなく詐欺です。絶対応じないで下さい。
  • 少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、警察や市役所へ確認して下さい。

No.14:痴漢等多発注意報が発令されました

 11月13日(金曜)から11月22日(日曜)までの10日間、「痴漢等多発注意報」が発令されました。
 11月に入り、県南部を中心に女性に対する痴漢等のわいせつ事件が相次いで発生し、今後も発生するおそれがあることから、痴漢等多発注意報が発令されました。
 夜間に、人通りの少ない道を一人で歩く際には、十分に注意して下さい。

多発注意報の発令期間等

  • 発令期間:11月13日(金曜)から11月22日(日曜)までの10日間
  • 発令地域:大津地域(大津市)、南部地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市)、甲賀地域(湖南市、甲賀市)

痴漢等事件の発生状況

平成27年11月中(11月12日現在)10件(対前年同期比 +4件)

  • 強制わいせつ 5件(対前年同期比 +5件)
  • 公然わいせつ 2件(対前年同期比 +1件)
  • 県迷惑防止条例違反 3件(対前年同期比 -2件)

11月中の発生事件の主な特徴

時間帯

  • 午後9時から午前0時台の間

被害の状況

  • 年齢幅:10代後半から30代の女性
  • 状況:夜間、1人で徒歩にて帰宅中、背後から襲われる被害が多い
  • 場所:駅周辺の人通りの多い道路から路地に入った場所。街灯の少ない暗い道路や住宅街から離れた道路

被害に遭わないためのポイント

  1. 暗い夜道の一人歩きを避ける。
  2. 駅から徒歩や自転車で帰宅途中の被害が多いため、なるべく人通りの多い場所を通る。
  3. イヤフォンで音楽を聴きながらや、携帯電話を操作しながら歩くのは周囲の変化に気づきにくくなるのでしない。

No.13:特殊詐欺多発警報が発令されました

 11月10日(火曜)から11月19日(木曜)までの10日間、県内全域に「特殊詐欺多発警報」が発令されました。
 滋賀県内における特殊詐欺被害は、10月末現在で83件(被害額約3億7,346万円)の発生と多発しており、不審電話の相談が相次いでいることや、マイナンバー制度に係る詐欺被害も懸念されることから、特殊詐欺多発警報が発令されました。
 何か怪しいと感じたら、1人で判断せず、最寄りの交番、警察署へ相談してください。また、詐欺の被害を未然に防ぐため、家族で注意を呼びかけてください。

多発警報の発令期間等

  • 発令期間:平成27年11月10日(火曜)から11月19日(木曜)までの10日間
  • 発令地域:県内全域

被害の発生状況

  • 平成27年1月~10月83件被害額約3億7,346万円
  • 平成27年11月(11月9日現在)4件被害額約385万円

ポイント

 「ATMに行って」や「現金を送って。取りに行く」などは間違いなく詐欺です。絶対応じないで下さい。

No.12:マイナンバー制度を騙った詐欺にご注意ください!

マイナンバー制度を悪用した不審な訪問や電話が、全国的に発生しています。

不審電話事案としては、
・過去に通信販売で物を買ったことがあると、そのデータが悪用される。
・放っておくと強盗事件や殺人事件に発展する恐れがありますよ。
・通信販売で購入したことがあれば、そのデータを消しますよ。
・マイナンバー制度が開始され、警察に登録する必要がある。
・マイナンバーからの履歴削除やマイナンバーの登録手続き料が必要などと現金を要求する手口を使っています。

マイナンバー制度では、制度の始まる前、始まった後においても、行政機関などが電話や訪問で、個人情報をお聞きすることはありません。

もし、マイナンバーをかたって不審な問合せがあった場合は、次のような対応をお願いします。

(1)口座番号など個人情報を話したり、お金を振り込んだりしない。
(2)マイナンバーは、決められた行政手続きしか利用できません。
(3)このような電話等があった時は、全て詐欺です。安易に答えず、相手にせず、直ちに警察に通報してください。

No.11:特殊詐欺多発注意報が発令されました

 平成27年10月14日(水曜)から10月23日(金曜)までの10日間、県内全域に「特殊詐欺多発注意報」が発令されました。
 本年の滋賀県内における特殊詐欺被害は、9月末現在で71件(昨年同期比マイナス25件)と発生件数は減少しているものの、被害額は約3億6,300万円と昨年同期比で約8,200万円増加しています。そうした中、10月に入って13日までに、主に高齢者を対象として架空請求や還付金名目などの特殊詐欺が6件(被害額約600万円)発生するなど、多発傾向にあります。また、新しく始まるマイナンバー制度に係る詐欺被害の発生も懸念されることから、「滋賀県子ども、女性、高齢者等を守る犯罪多発警報等発令制度」に基づき、「特殊詐欺多発注意報」が発令となりました。

多発注意報の発令期間等  

  • 発令期間:平成27年10月14日(水曜)から10月23日(金曜)までの10日間  
  • 発令地域:県内全域

被害の発生状況

  • 平成27年1月~9月71件被害額約3億6,300万円
  • 平成27年10月中(10月13日現在)6件被害額約600万円

ポイント

  • 「ATMに行って」や「現金を送って。取りに行く」などは間違いなく詐欺です。絶対応じないで下さい。
  • マイナンバー制度に係る詐欺の発生が予測されますので、不審に感じたら、警察や市役所まで確認して下さい。

No.10:草津市で不審電話が発生しました。

 本日午前11時10分頃、草津市在住の高齢者へ、振り込め詐欺と思われる不審電話がありました。
 不審電話の内容は、市職員を名乗る若い男性から市内在住の高齢者(女性)宅へ「医療費の過払い金の払い戻しがあるので、手続きをしてほしい。」というもので、相手は女性の名前を知っており、言葉巧みに個人情報を聞き取ろうとしましたが、不審に感じた女性は電話を切り、被害はありませんでした。
 なお、先日9月14日(月曜)にも、草津市在住の高齢者宅に同様の不審電話により、被害に遭う事件がありました。
 連続して、同じ手口の不審電話があり、今後も引き続き不審電話が予測されます。
 被害に遭わないよう十分い注意していただき、少しでも不審に感じたら、電話を切り、警察署や市役所へ相談や確認をして下さい。

被害に遭わないポイント

 市役所から、ATMへ誘導することは絶対にありません。このような電話やメールがあった際には、必ず詐欺ですので、家族や警察に相談してください。
 また、少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所へ確認して下さい。

No.9:草津市で振り込め詐欺事件が発生。 

 草津市在住の高齢者が振り込め詐欺に遭う事案が、本日発生しました。
 事件の概要は、平成27年9月14日(月曜)午後1時30分頃、市職員を名乗る者から、「5年分の医療費の過払額3万2,630円の返金があり、本日が手続きの締め切り日となっている。県の社会保険局の担当松井まで電話をして欲しい。」と連絡がありました。言われた連絡先に電話したところ、すぐにキャッシュカードと通帳を持ってATMに行くよう言われ、相手の言うとおりにATM操作をし、お金を振り込んでしまったものです。

ポイント

 市役所から、ATMへ誘導することは絶対にありません。このような電話やメールがあった際には、必ず詐欺ですので、家族や警察に相談してください。
 また、少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所へ確認して下さい。

No.8:草津市で振り込め詐欺事件が発生。 

 草津市内在住の高齢者が振り込め詐欺に遭う事案が、先日発覚しました。
 事件の概要は、老人ホーム購入案内のパンフレットが届き、数日後、同売買を取り扱う会社から「老人ホームを2部屋購入したい方がいるが、同じ名前では2部屋購入できないので、名義を貸して欲しい」旨の電話があり、名義貸しについて承諾したところ、「契約された物件がキャンセルされたので、2,000万円を支払って欲しい」との連絡が再度ありました。そのような大金は支払えないと断ると、「会社で1,500万円は何とかするので、残りの500万円を支払って欲しい」と言われ、3日に分けて現金を宅配便で送付し、合計350万円を騙し取られたものです。

ポイント

 「名義を貸して欲しい」「現金を郵送して欲しい」などは必ず詐欺です。このような電話やメールがあった際には、必ず家族や警察に相談してください。

No.7:平成27年6月22日(月曜)特殊詐欺多発警報が延長されました

 特殊詐欺多発警報の発令期間が延長になりました。
 現在、県内全域に、6月11日(木曜)から6月21日(日曜)まで、「特殊詐欺多発警報」が発令されておりますが、期間中に約1億6,500万円の被害が発生していることや年金情報の流出による不審電話が相次いでいることから、警報の発令期間が延長となりました。
 

  • 多発警報の延長期間および地域

 発令期間:平成27年6月22日(月曜)から7月1日(水曜)までの10日間
 発令地域:県内全域

  • 発令期間中の被害の発生状況

 金融商品等取引詐欺(社債売買名目)1件、被害総額約1億6,500万円
 (平成27年発生累計43件、被害総額約3億1,800万円)
 年金情報流出に伴う不審電話相談6月累計11件

☆ポイント
 「ATMに行って。」や「現金を送って。取りに行く。」などは間違いなく詐欺です。絶対応じないで下さい。

No.6:平成27年6月12日(金曜)特殊詐欺多発警報が発令されました

 特殊詐欺多発警報が発令されました。
 本日6月12日(金曜)から6月21日(日曜)までの10日間、県内全域に「特殊詐欺多発警報」が発令されました。
 滋賀県内における特殊詐欺被害は、5月末現在で35件(被害額約1億3,770万円)の発生でしたが、6月に入って11日までに主に高齢者を対象に6件(被害額約1,493万円)発生して多発傾向にあります。また、年金情報の流出に乗じた不審電話の相談が相次いで寄せられるなど、今後も被害の拡大が懸念されます。
 何か怪しいと感じたら、1人で判断せず、最寄りの交番、警察署へ相談してください。また、詐欺の被害を未然に防ぐため、家族で注意を呼びかけてください。
1 多発警報の発令期間等  

  • 発令期間:平成27年6月12日(金曜)から6月21日(日曜)までの10日間  
  • 発令地域:県内全域

2 被害の発生状況

  • 平成27年1月~5月35件被害額約1億3,770万円
  • 平成27年6月(6月11日現在)6件被害額約1,493万円

ポイント
 「ATMに行って」や「現金を送って。取りに行く」などは間違いなく詐欺です。絶対応じないで下さい。

No.5:平成27年6月9日(火曜)消防職員や市の職員を名乗る不審電話がありました

 消防職員や市の職員を名乗る不審電話がありました。
 
 市内在住の高齢者に対し、消防職員を名乗る男性から不審電話がありました。
 内容は、「市から委託を受けて防犯グッズを郵送しました。受け取ったら開封して中身を確認し、玄関先において下さい。」とのことでした。
 市から防犯グッズ等を郵送することはなく、送りつけ商法等の不審電話の可能性があります。
 少しでも不審に感じたら、一度電話を切り、市役所などへ確認してください。
 また、市役所職員を名乗り、「還付金があります。ATMに行ってください。」や、日本年金機構等を騙る不審電話も多発しています。
 被害に遭わないよう、十分に注意していただき、不審を感じたら、家族や身近な方へ相談してください。

ポイント

 市から、ATMへの誘導や金品の要求は絶対にありません。

No.4:平成27年6月5日(金曜)日本年金機構年金加入者情報流出問題による詐欺電話が多発しています

 日本年金機構年金加入者情報が流出したことに関連して、滋賀県内各地においても、年金機構の職員を騙った者からの詐欺電話が多発しています。
先日、6月2日には、高島市内で年金機構の職員を名乗った男から「年金情報流出」を口実にした電話がありました。今後も県内各地で同様の電話がかかってくる恐れがありますので、電話がかかってきた場合は警察に連絡してください。
 被害者が一人も出ないように家族や近所など周りの方々にも注意を促してください。

ポイント

日本年金機構の職員から電話をかけることはありません。

No.3:平成27年5月15日(金曜)ひったくり多発注意報の発令期間延長

 ひったくり多発注意報の発令期間が延長になりました。
 現在、県南部を中心にひったくりが連続発生していることから、5月7日(木曜)から5月16日(土曜)まで、滋賀県大津地域、南部地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市)に「ひったくり多発注意報」が発令されておりますが、期間中も被害が発生していることから、注意報の発令期間が延長となりました。

1 多発注意報の延長期間および地域
  延長期間:平成27年5月17日(日曜)から5月26日(火曜)までの10日間
  発令地域:大津地域(大津市)、南部地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市)
2 既発令期間中の発生状況
期間 5月7日から5月13日までの間
件数 2件(草津市2件)
3 既発令期間中における被害の主な特徴

  • 駅付近の路上
  • 犯人はオートバイ(スクータータイプ)の2人乗り
  • 被害者は自転車利用の女性
  • 後方から近づかれ、自転車の前カゴに入れてあるバッグをひったくられる

犯罪発生状況等については、滋賀県警察本部生活安全企画課にお問い合わせください

被害に遭わないための注意事項

  • バッグなどの貴重品は、車道と反対側の腕に抱える。
  • 自転車の後ろカゴにはバッグなどを入れない。前カゴに入れる場合は、防犯ネットを使用する。
  • 人通りの少ない道や暗い道の通行を避ける。
  • 注意力が散漫になるため、歩行中は携帯電話やスマートフォンをなるべく使用しない。

ひったくりについては、少しの対策で大きく被害が変わります。対策を徹底していただくとともに、自転車・バイクが近づいてきたら注意して下さい。

No.2:平成27年5月7日(木曜)ひったくり多発注意報発令中

 ひったくり多発注意報が発令されています。
 現在、県南部を中心にひったくりが連続発生していることから、本日5月7日(木曜)から5月16日(土曜)までの10日間、滋賀県大津地域、南部地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市)に「ひったくり多発注意報」が発令されました。

被害の主な特徴

  • 駅、金融機関付近の路上
  • 犯人はオートバイ(スクータータイプ)を使用
  • 被害者は女性または高齢者
  • 後方から近づき、バッグなどをひったくる

被害に遭わないための注意事項

  • バッグなどの貴重品は、車道と反対側の腕に抱える。
  • 自転車の後ろカゴにはバッグなどを入れない。前カゴに入れる場合は、防犯ネットを使用する。
  • 人通りの少ない道や暗い道の通行を避ける。
  • 注意力が散漫になるため、歩行中は携帯電話やスマートフォンをなるべく使用しない。

 ひったくりについては、少しの対策で大きく被害が変わります。対策を徹底していただくとともに、自転車・バイクが近づいてきたら注意して下さい。

No.1:平成27年4月23日(木曜)車上ねらい多発注意報発令中

 車上ねらい多発注意報が発令されています。
 本日4月23日(木曜)から5月2日(土曜)までの10日間、滋賀県大津地域、南部地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市)に「車上ねらい多発注意報」が発令されました。
 現在、県南部を中心に車上ねらいが連続発生しています。
 一夜のうちに、比較的狭い範囲の地域で集中的に発生しているのが特徴で、車が多く駐車されているアパート・マンション、月極駐車場での発生が多い状況です。
 ドアのガラスを打ち破り、短時間のうちに車内やトランクルームからゴルフ用品などの貴重品を盗み出すという大胆な手口で、極めて悪質な犯行です。
 車を駐車するときは必ずドアを施錠し、車内には貴重品を置かないようくれぐれも徹底していただきますとともに、盗難警報装置などの防犯機器を設置するなどの防犯対策を講じていただきますようお願いします。

お問い合わせ

総合政策部 危機管理課 危機管理グループ
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2325
ファクス:077-561-6852

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る