このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成23年度
  7. 平成22年度草津市消費生活相談状況について(3)(2011年12月1日号)

本文ここから

平成22年度草津市消費生活相談状況について(3)(2011年12月1日号)

更新日:2015年4月10日

平成22年度草津市消費生活相談状況について(3)

 今回は、市の多重債務相談の現状をお知らせします。

Q.相談内容は?

A.過去は過払金の相談が多数ありましたが、最近は、失業や収入の減少で返済が困難になったなど、「仕事」や「住まい」にまで関係している相談が多くなっています。これは、不況により、収入が不安定(失業・低所得など)で住宅ローンが払えないことや、事業主が貸し渋りなどにあい、資金繰りに行き詰まったり、返済が滞ったりした結果と考えられます。また、複数の金融機関からの借入ではなく、1社(住宅ローンなど)だけであっても返済不能に陥ったり、悪質商法にひっかかり借金額が膨らんだりしたケースや「判断ができにくい人」が被害者となるケースもみられます。

Q.多重債務者の現状は?

A.9月15日に株式会社日本信用情報機構が発表した統計では、今年度の8月における貸付残高は約10.4兆円、利用者数1,444万人で、国民の8.9人に1人が消費者金融の利用者です。また、5件以上借入登録のある多重債務者は62万人で、1人当たりの残高は約218万円となっています。

Q.市の多重債務相談の件数は?

A.昨年度の相談件数は116件で、平成20年度の166件をピークに減少傾向にありますが、これは、6月に改正貸金業法が施行されたことにより、総量規制(借り過ぎ・貸し過ぎの防止)や貸金業者に対する規制が厳しくなり、多重債務者が容易に借入できなくなったためと考えられます。多重債務に陥っても、決してあきらめないで、消費生活センターに相談してください。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る