このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成26年度
  7. シリーズ!《買え買え詐欺》にご注意(1) より巧妙に!より悪質に!劇場型勧誘が多発(2015年2月1日号)

本文ここから

シリーズ!《買え買え詐欺》にご注意(1) より巧妙に!より悪質に!劇場型勧誘が多発(2015年2月1日号)

更新日:2015年2月12日

シリーズ!《買え買え詐欺》にご注意(1) より巧妙に!より悪質に!劇場型勧誘が多発

 金融商品(未公開株、社債など)に関する詐欺的な儲け話や「権利取引」の儲け話のトラブルが、高齢者を中心に多く報告されています。「買え買え詐欺」ともいえる「劇場型勧誘」の手口はより巧妙化、悪質化しています。その手口や主な事例、対処法を2回にわたって紹介します。

詐欺的手口の種類

  • 代理申請型 「自分には購入する資格がないので、代わりに申し込んでほしい」と誘う
  • 恫喝型 消費者を脅して、強引に申し込みや金銭の払い込みをさせる
  • 口座振り込み回避型 郵送(レターパック)や、自宅に訪問し、手渡しで支払わせる
  • 根こそぎ型 不動産などを担保に借金させ、全財産を奪い取る

事例1

 架空の企業名をかたり「後で高額で買い戻すので、宝石を買ってほしい」、「社債を購入するので名義を貸してほしい」などと勧誘された。

事例2

 警察をかたり「逮捕した窃盗団があなたの銀行口座情報を知っていた。残高確認の必要があるため署員が訪問する。キャッシュカードや暗証番号を教えてほしい」と電話があった。

事例3

 「ロト6など数字選択式宝くじの当選番号を事前に教えるので、高額な情報料や預託金を支払ってほしい」と強引に勧誘された。
 (国民生活センター・注目情報より抜粋)

 事例のような電話を受けたら、消費生活センターへご相談ください。
 次回は、他の事例の紹介と対処法を解説します。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る