このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成27年度
  7. 「おこづかいが稼げる」ってホント!? ~怪しいサイトに注意~(2016年1月15日号)

本文ここから

「おこづかいが稼げる」ってホント!? ~怪しいサイトに注意~(2016年1月15日号)

更新日:2016年1月15日

「おこづかいが稼げる」ってホント!? ~怪しいサイトに注意~

 最近は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用でトラブルに遭うケースが増えています。悪質なサイトの甘い誘惑に乗せられ、思いがけない被害に遭ったという相談も多数寄せられています。

事例1

 SNSで、おこづかいが稼げるという広告を見つけ、サイトに会員登録した。すぐに「50万円受け取ってほしい」というメールが届き、「お金を渡すためには直接連絡先を交換する必要がある。会員料5千円を払い、正会員になってほしい」と書いてあり、支払った。すると今度は、「文字化けの解除が必要」とのメールが届き解除料3万円支払ったが、相手と連絡先の交換ができないばかりか、さらに5万円の追加請求を受けた。

事例2

 SNSで内職の登録をすると、「話し相手になってくれたら謝礼を払う」とメールが来た。無料ポイントでメール交換し、謝礼を受け取るやりとりを始めたとたん、高額なポイント料金を請求された。驚いてネットで相談機関を検索すると、行政書士や探偵事務所がヒットしたので慌てて電話をした。すると、「サイトと交渉し、請求停止や個人情報を削除させるのに5万円が必要」と言われた。

対処法

 知らない人から、簡単な条件で大金がもらえることはありません。「遺産をもらって」や「メールをするだけでお金をあげる」という相手とは、絶対にメール交換をしてはいけません。お金を受け取るはずが、理由をつけてお金を請求されます。
 また、行政書士や探偵業者は、弁護士のように依頼者の代理人として事業者と交渉はできません。【事例2】のような相談機関への相談には、注意が必要です。
 おかしいと思ったら、消費生活センターへ相談しましょう。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る