このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成28年度
  7. 「簡単に、必ずもうかる」と勧誘されたが、契約しても大丈夫!?(2017年1月15日号)

本文ここから

「簡単に、必ずもうかる」と勧誘されたが、契約しても大丈夫!?(2017年1月15日号)

更新日:2017年1月12日

「簡単に、必ずもうかる」と勧誘されたが、契約しても大丈夫!?

事例

 学生時代の友人から「確実にもうかるサイドビジネスがある。会員になってくれる人を一人紹介するだけで、3万円の手数料がもらえる。会員になるには5万円の健康食品を購入しなければならないが、すぐに元は取れる。会員には政財界の大物もいるので人脈もでき、就職や独立に有利だ。一緒に説明会に参加しないか」と勧誘された。年収が増えず困っていたので、このビジネスを始めようと考えているが、入会しても大丈夫か。

対処法

 事例は、マルチ商法の一例です。会員になるため商品を購入し、その商品を販売しながら、会員になってくれる人を紹介すると手数料が得られ、その販売網を拡大していくものです。その結果、大量の商品を購入させられ、売れずに残った商品を抱え込んでしまったり、気が付けば加害者となり、友達を失ってしまったりということにもなりかねません。
 法律では「連鎖販売取引」として厳しく規制されています。勧誘時に「必ずもうかる」「新規会員が入会してくるので、高収入が得られる」「就職に有利」など不確実な説明を禁止しています。
 はっきりと断る勇気を持つこと、知識のないものには手を出さないことが大切ですが、契約をしてしまった場合でも、契約書を受け取った日(商品の受け渡しが後日の場合は、その日)から20日以内であれば、クーリング・オフの手続きをすれば解約することができます。
 マルチ商法は、負の連鎖と人間不信を招き、高額な借金を抱える恐れがある危険な商法です。困ったことがあれば、消費生活センターへご相談ください。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る