このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

窓断熱をはじめてみよう!

更新日:2021年5月31日

窓からはじめる断熱対策

草津市では、地球温暖化対策として窓断熱を推進しています。
窓断熱を行うことで、夏場の熱い空気を遮断し、冬場に温かい空気が外に逃げるのを防ぎ、ヒートショックや熱中症になる可能性を低くするなどの健康面でのメリットがあり、さらにはエアコンの電気使用量などを抑制することができます。
まずは断熱対策の中で、断熱効果の高い窓から、対策をはじめてみませんか?

窓断熱について

冬は窓から約60%の熱が外に逃げ、夏は約70%の熱が窓から入ると言われています。
複層ガラスの利用、専用のフィルムなど窓断熱資材の利用、内窓の取付などにより、窓からの熱の出入りを緩和します。
例えば、窓断熱の効果により年間で以下のような削減が期待できます。

冷房を1日1時間短縮した場合(設定温度28度)

  • 電気18.78kWhの省エネ約510円
  • 二酸化炭素削減量11kg

暖房を1日1時間短縮した場合(設定温度20度)

  • 電気40.73kWhの省エネ約1,100円
  • 二酸化炭素削減量23.9kg

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省HP(外部リンク)

気軽にできる窓断熱をはじめてみよう!

断熱材となる、専用のフィルムや簡易断熱材(緩衝材)いわゆるプチプチなどはホームセンターなどで購入できます。
はさみやカッターで簡単に加工でき、窓の大きさに合わせて自由に大きさを変えられます。
水だけで貼れるものもあり、はがす時もきれいにはがせます。
まずは簡易な手法で窓断熱をはじめてみましょう!

グリーンカーテンで窓断熱

窓の外でグリーンカーテンを育てると、葉で日差しをさえぎり、室温の上昇を抑えて、エアコンの電気使用量などを抑制する効果があります。

市と市民がともに進めるゴーヤーカーテンの取り組み

その他

第4次草津市地球冷やしたいプロジェクト(草津市地球温暖化対策実行計画:区域施策編)

「窓断熱推進事業」は第4次草津市地球冷やしたいプロジェクトの重点アクションとして位置づけられています。

お問い合わせ

環境経済部 くさつエコスタイルプラザ 啓発係(クリーンセンター内)
〒525-0043 滋賀県草津市馬場町1200番地25
電話番号:077-561-6580
ファクス:077-561-6583

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る