このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. ごみ・リサイクル
  4. 家庭から出るごみの出し方
  5. ペットボトル類ごみにペットボトル以外のごみが混入しています

本文ここから

ペットボトル類ごみにペットボトル以外のごみが混入しています

更新日:2014年6月13日

ペットボトル類ごみにペットボトル以外のごみの混入が続いています。
平成26年6月にペットボトル類ごみとして集められたごみの異物の調査をした結果、以下のようなペットボトル類ごみ以外のごみ(異物)が確認されました。ペットボトル類ごみは、再資源化(リサイクル)を行います。異物が混ざると、再資源化の作業に支障がでますので、ペットボトル類ごみに異物は絶対に入れないで下さい。

3日間のペットボトル類ごみの収集で混入していたペットボトル以外のごみ

混入していたペットボトル以外のごみの写真

プラスチック製容器類ごみ(写真下)、空き缶類ごみ(写真右上)、飲・食料用ガラスびん類ごみ(写真中央上)、焼却ごみ類ごみ(写真左上)など

混入していたプラスチック製容器類ごみ

油、ソース、ドレッシング、洗剤、化粧品などの容器が多く見られます。
プラマーク(右の写真)のあるごみについては、「プラスチック製容器類」として出してください。

空き缶類ごみの混入

中を水洗いし、つぶして「空き缶類」として出してください。

飲・食料用ガラスびん類ごみの混入

キャップを取って中を水洗いし、「飲・食料用ガラスびん類」として出してください。
金属製のキャップは「破砕ごみ類」へ、プラスチック製のキャップは「プラスチック製容器類」へ出してください。

汚れたプラスチック・紙容器などの混入

「焼却ごみ類」として出してください。

ライターの混入

ペットボトルの再資源化の作業工程にライターが混ざると火災等につながり非常に危険です。
ライターは「破砕ごみ類」でも出せますが、できる限り市役所および市民センターに設置してある回収箱へ出してください。

ペットボトル類ごみは以下のペットボトルマークがついているものが対象です。
キャップ・ラベルをとって中を水洗いし、「ペットボトル類ごみ」として出してください。
キャップ・ラベルは「プラスチック製容器類」へ出してください。

お問い合わせ

環境経済部 資源循環推進課 資源循環推進係(クリーンセンター内)
〒525-0043 滋賀県草津市馬場町1200番地25
電話番号:077-562-6361
ファクス:077-566-1694

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る