このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

市と市民がともに進めるゴーヤーカーテンの取り組み

更新日:2017年5月30日

目次 (各項目を左クリックすると、該当箇所にジャンプします。)

草津市内の緑のカーテンの取り組みなどを紹介します。また、市では、緑のカーテンの写真、感想、レシピなどを募集していますので、E-mail(kankyo@city.kusatsu.lg.jp) または 郵送などで下記連絡先までご投稿ください。(匿名希望の方は、ペンネームも併せてお知らせください。)

トピックス

庁舎でのゴーヤーカーテンの取り組みを日記で公開しています。

なぜ、ゴーヤーカーテン?

 ゴーヤーカーテン事業は、窓の外で育てたゴーヤーの葉で夏の日差しをさえぎり、室温の上昇を抑え、冷房に使う電気を節約して二酸化炭素の排出を抑えようという地球温暖化防止につながる取り組みです。

日差しを遮ぎり、涼しい

 すだれに比べて、葉と葉の間に隙間があるため、風通しが良く、葉から水分が蒸発するときに周囲の熱を奪うので、より涼しさが体感できます。

 平成19年度に測定したゴーヤーカーテンの表側と裏側の最高気温では、最大で6℃、平均で2.3℃、裏側の気温が低いという結果になりました。

育てやすい

 葉が大きくてカーテンにしやすく、他のツル植物に比べて丈夫であり、病気や害虫にも比較的強いといわれています。

実が食べられる

 ゴーヤーは英語でビターメロン(bittermelon)とも呼ばれ、苦みがあることで知られていますが、実は、グレープフルーツやイチゴを上回るほどビタミンCが豊富で、夏バテ解消に効き目があります。最近はスーパーなどでも店頭に並ぶようになっています。実が固く、イボの大きさが揃って密についているものが新鮮でお勧めです。

市と市民がともに進める普及活動

 草津市では、平成19年度から、市が公共施設に、市民団体『草津市「小」エネルギー推進市民フォーラム』が市民や事業所などにゴーヤーの苗を配布し、ゴーヤーカーテンの取り組みを広げる活動を協働で行っています。また、平成25年度からは、ゴーヤを種子から育てる取り組みの普及啓発を進めています。

 また、平成20年度からは、市内にある滋賀県立湖南農業高等学校に、市民配布用の苗の栽培や育成ガイド作成などにご協力をいただいています。

育成ガイドのダウンロード

 滋賀県立湖南農業高等学校さんにご協力いただき、ゴーヤーカーテン育成ガイドを作成しました。
 ゴーヤーカーテンの育て方、種子の採り方・育て方、ゴーヤーレシピ、夏の省エネに関する情報を掲載しています。

取り組みの結果および風景

 平成19年から21年までの取り組み結果をまとめました。

各家庭での取り組み

 平成23年度の参加者の皆様から届いた写真やご感想などを紹介しています。

企業や公共施設等での取り組み

 ゴーヤーカーテン事業に参加する市内の企業や公共施設などの写真を紹介しています。

 平成23年度に参加された 社会福祉法人幸栄会 若草くるみ保育園(現 緑波くるみ保育園)さん から、保護者の皆さんが考えたゴーヤーレシピ集をいただきました。

市役所のゴーヤー植栽日記

 市庁舎におけるゴーヤーカーテンの取り組みを記録したものです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 環境課 環境グループ
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2341
ファクス:077-561-2479

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る