このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて

更新日:2017年2月20日

高病原性鳥インフルエンザ発生に伴い指定されていた野鳥監視重点区域の指定解除について

 1月4日に草津市内で回収されたオオバン1羽の死亡個体から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたことを受け、環境省が草津市全域を野鳥監視重点区域に指定されて以降、県職員および市職員にて監視を強化してきたところです。

 これまでのところ、野鳥監視重点区域の監視において異常は認められていないことを踏まえ、回収日から45日後の2月18日24時をもって当該野鳥監視重点区域の指定が解除されました。

 なお、指定解除後も、全国での野鳥の対応レベル3として、県の回収、検査対応に協力してまいります。

死亡した野鳥を発見した場合

 カモやタカの仲間などの野鳥が死亡していたら、素手で触らず、市役所または滋賀県西部・南部森林整備事務所管理係(電話:077-527-0655)までご連絡ください。

野鳥との接し方について

  • 日常生活において野鳥など野生動物の排せつ物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウィルスが他の地域に運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

 野生の鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、過度に心配する必要はありません。

詳しい情報は下記のリンクをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省ホームページ(外部リンク)

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。滋賀県ホームページ(外部リンク)

野鳥における鳥インフルエンザについて

お問い合わせ

環境経済部 環境課 環境グループ
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2341
ファクス:077-561-2479

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る