このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 人権・男女共同参画
  4. 平和
  5. 核実験に対する抗議文

本文ここから

核実験に対する抗議文

更新日:2022年4月25日

草津市は、アメリカ合衆国が2021年6月と9月に臨界前核実験を実施したとの報道に接し、市長・市議会議長連名での抗議文を送付しました。

抗議文の内容

アメリカ合衆国

 ジョー・バイデン大統領 閣下

抗議文


 貴国が昨年6月と9月にネバダ州の核実験場で臨界前核実験を実施したとの報道に接しました。被爆地ヒロシマ及び世界の8,100を超える都市が加盟する平和首長会議の加盟市として、厳重に抗議します。
  
 ロシアによるウクライナ侵攻により、軍事力による暴挙は軍事力によって抑え込むしかないとの考えが勢いを増す中で、貴国が核戦力の近代化を推進しようとする強い意志を持っていることを表明することになる臨界前核実験を行ったことは、被爆者をはじめ核兵器廃絶を求める多くの人々の願いに背く行為として、断じて許すことはできません。
 
 本市は、1988年に「ゆたかな草津 人権と平和を守る都市」を宣言し、恒久平和を誓い、核兵器の廃絶を訴えるとともに、2008年には、「平和首長会議」に加盟し、世界の加盟都市と連帯して核兵器のない平和な世界の実現に努めています。  
 また、本市議会では、2009年6月24日に核兵器の廃絶と恒久平和を求める決議を全会一致で議決しています。
 
 貴国には、一発の原子爆弾がもたらした被爆の実相と被爆者の体験を深く理解し、平和を希求する心を受け止め、どんなに道は険しくとも、「核兵器のない世界」を目指すという目標を見失うことなく、理性に基づく努力がなされることを強く求めます。

2022年4月21日
日本国滋賀県
草津市長 橋川 渉
草津市議会議長 伊吹 達郎

参考

過去の抗議
抗議日 抗議先 抗議内容

2022年4月21日

アメリカ合衆国大統領 ネバダ州での臨界前核実験に対しての抗議

2021年2月1日

アメリカ合衆国大統領 ネバダ州での臨界前核実験に対しての抗議
2017年9月5日

朝鮮民主主義人民共和国
国務委員会委員長

6回目の核実験に対しての抗議

2016年9月12日

朝鮮民主主義人民共和国
国務委員会委員長

5回目の核実験に対しての抗議

2016年1月8日

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会第一委員長

4回目の核実験に対しての抗議

2014年11月21日

アメリカ合衆国大統領

ニューメキシコ州での新たなタイプの核実験に対しての抗議

2013年11月8日

アメリカ合衆国大統領

ニューメキシコ州での新たなタイプの核実験に対しての抗議

2013年8月26日

アメリカ合衆国大統領

ニューメキシコ州での新たなタイプの核実験に対しての抗議

2013年2月13日

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会第1委員長

3回目の核実験に対しての抗議

2012年12月20日

アメリカ合衆国大統領

ネバダ州での臨界前核実験に対しての抗議

2012年10月10日 アメリカ合衆国大統領 ニューメキシコ州での新たなタイプの核実験に対しての抗議
2012年1月26日 アメリカ合衆国大統領 新たなタイプの核実験に対しての抗議
2011年7月29日 アメリカ合衆国大統領 ネバダ州での臨界前核実験に対しての抗議
2010年10月15日 アメリカ合衆国大統領 ネバダ州での臨界前核実験に対しての抗議

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 人権政策課 人権同和対策係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2335
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る