このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 環境
  4. 自然環境
  5. サルにご注意ください

本文ここから

サルにご注意ください

更新日:2022年12月8日

草津市内の各地で野生のサルの目撃情報が下記のとおり複数寄せられています。

サルの目撃情報(令和4年12月5日以降)

  • 令和4年12月5日(月曜)午前10時40分頃 笠山八丁目
  • 令和4年12月6日(火曜)午前10時35分頃~午後4時00分頃 矢橋町
  • 令和4年12月7日(水曜)午前9時15分頃 矢橋町
  • 令和4年12月8日(木曜)午前7時15分頃 矢橋町

ニホンザルのオスは、4才から6才になると生まれ育った群れを離れて、他の群れに入るために旅をします。
その途中に市街地に迷い込むことがありますが、騒いだり刺激したりしないで、放っておけば立ち去ります。
サルを本来の自然へ帰すためにも、安全で快適なまちづくりのためにも、皆様のご協力をお願いいたします。

野生のサルに遭遇した場合、下記の点に十分ご注意ください。

1 近寄らない

不用意に近づいたり追いかけたりするとサルが興奮して襲われることがあります。
特に幼児などは危険です。カメラ等で撮影する行為も危険です。
もし近づいてきた場合は、あわてずゆっくり後ずさりして遠ざかりましょう。

2 目を合わせない

目を見ることで、威嚇(いかく)されたとサルが思い、襲ってくることがあります。

3 大きな声を出さない

サルの防衛本能を刺激することになるので止めましょう。

4 絶対にエサを与えない エサを見せない

人がエサを与えることを覚えると、サルがその場所に居ついたり、周囲の人家に侵入するなど、
地域全体に被害を及ぼす原因になります。また、野菜くずやエサとなるものを屋外に放置しないようにしましょう。
自宅の果樹や家庭菜園に、ネット等をかけることもサルを近寄らせない手立てのひとつです。

5 戸締りを徹底する

二階の窓からも家に侵入することもあるので、十分注意しましょう。

連絡先

草津市 環境政策課 環境政策係 電話:077-561-2341
※土日祝・夜間 草津市 守衛室 電話:077-561-2499

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 環境政策課 環境政策係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2341
ファクス:077-561-2479

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る