このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 交通・道路・河川
  4. JR南草津駅東口で交通社会実験を実施します

本文ここから

JR南草津駅東口で交通社会実験を実施します

更新日:2020年9月15日

JR南草津駅東口ロータリー前の市道において、一般車両の通行規制を伴う社会実験を実施します。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

交通社会実験の概要

社会実験の内容

JR南草津駅東口ロータリー前の市道において、一般車両の通行規制を行います。

実施日時

令和2年10月19日(月曜)から11月13日(金曜)まで
平日のみ(19日間)、午前7時30分から午前9時00分まで
なお、実施時期は現時点での予定であり、今後の社会情勢等の状況により、社会実験による効果の分析が困難と判断した場合には、再度、延期する可能性があります。

実施場所

JR南草津駅東口ロータリー前の市道(市道南草津駅前線および市道南草津駅中央線)

社会実験イメージ図

規制内容とお願い

実験当日は、駅周辺に交通誘導員を配置し、交通誘導を行います。
JR南草津駅東口ロータリーは、自家用車ではご利用いただけません。
JR南草津駅東口ロータリー前の市道は、通り抜けいただけません。
JR南草津駅をご利用の際は、西口ロータリーをご利用いただきますようお願いします。

社会実験実施の背景と目的

社会実験実施の背景

JR南草津駅東口ロータリーは、送迎用の一般車両の流入が増加し、路線バスの運行に支障が生じており、雨天時は特に交通渋滞が深刻な状態です。
このことから、滋賀県と草津市が事務局となり、関係者で組織する「南草津駅周辺交通対策検討会」において、駅前ロータリーの混雑を緩和し、公共交通の利用環境の改善を図るための対応について協議、検討を進め、今年度に社会実験を実施することとなりました。

社会実験の目的

社会実験により、駅前ロータリーの混雑緩和や公共交通の定時性確保に向けた具体的な方策を検討し、公共交通の利用環境の改善を図るための取組につなげることを目的としています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市計画部 交通政策課 交通政策係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2343
ファクス:077-561-2487

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る