このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

草津あおばな

あおばな写真

草津市の花「あおばな」

 「あおばな」は、学術名を「大帽子花(オオボウシバナ)」といい、つゆくさの変種です。特徴としては、つゆくさは、背丈が10cmぐらいですが、あおばなは約1mまで伸びます。6月下旬から8月下旬にかけて3~4cmぐらいのコバルトブルーの花を咲かせます。花は太陽に弱いため、昼前にはしぼんでしまいます。

 「あおばな」は、昔から子どもの胎毒下し(たいどく-くだし)やひきつけの薬として使われていたとも言われ、のどの痛みなどの風邪の予防、神経痛やリュウマチなどに効果的な浴湯料としても使用されていたという歴史があります。多くの大学や研究機関でもその効能や可能性についての研究が進められ、現在も大阪薬科大学ではこの成分の研究が続けられています。

 これまでの研究により、食後の血糖値の急激な上昇を緩やかにするデオキシノジリマイシン(DNJ)とジヒドロキシメチルジヒドロキシピロリジン(DMDP)という成分や、皮膚の活性化を図り、老化を防ぐ数種のフラボノイドなどが発見されています。また体内のインスリンの活性化を図ることが立証される一方、「あおばな」を食することで低血糖になったり、身体に害を及ぼすようなことが全く無いという安全性が立証されました。「あおばな」は、メタボリック症候群対策や健康維持にも大きな期待が寄せられています。

 現在、お茶や珈琲、饅頭、クッキー、ソフトクリーム、ワイン、青汁など様々な「あおばな」の食品化が進められ、好評を得ています。また原材料となる「滅菌粉末」は、お茶や料理などにも混ぜて食することができることから、多くの方に愛用されています。

育て方について

 【開花時期】 6月下旬~8月上旬頃
 植え込みスタンド鉢でも標準プランターでも問題ありません
日当たり  半日以上直接日光の当たる屋外が好ましいです
水やり  土の表面が乾いたら水をたっぷりとあげてください
用土  有機質に富んだ水はけのよい土
肥料  緩効性肥料(油かすなど土中でその効果が長く持続する肥料)
栽培の注意  背丈が伸びたら(目安70cmから1m)支柱をたててささえてください

 「あおばな」の若葉は、サラダや和え物として食べることができます。

 花の観賞後は、葉や茎を天日干しにし、自家用あおばな茶として活用いただけます。

お断り

あおばなを食品加工する特許は、草津あおばな会が管理しております。
したがいまして、あおばなを無断で食品等に加工し販売することはできません。

ダウンロード

・あおばなマンガ(歴史や青花紙について)
・あおばな商品取扱店のご紹介
・あおばな栽培地・観賞地マップ など

関連ページ

問合せ

農林水産課 農林水産係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話:077-561-2347 ファクス:077-561-2486
メール:norin@city.kusatsu.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る