このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

下水道使用料の延滞金の発生と水道料金の督促手数料の廃止

更新日:2015年12月18日

下水道使用料の延滞金の発生

 平成22年4月1日から下水道使用料の延滞金が発生する場合があります。対象は平成22年3月請求分以降となります。
 地方自治法ならびに草津市税外収入金の督促、延滞金の徴収および滞納処分に関する条例の規定により計算した金額を本金額に加算して納付しなければなりません。
 納期限を過ぎた場合、下水道使用料が2,000円以上のものについては、次の表の割合で延滞金が加算されます。
 (延滞金の割合を見直したことに伴い、平成26年1月1日以降の期間に対応する割合については、特例の適用が異なります。)

延滞金の割合
期間 本則

特例(注釈1)

平成22年4月1日から
平成25年12月31日までの期間

平成26年1月1日以降の期間
納期限後1か月以内 7.3%

商業手形の基準割引率+4%(注釈2)

特例基準割合(注釈3)+1%
納期限後1か月経過後 14.6%

なし

特例基準割合(注釈3)+7.3%

注釈1:特例の割合が本則を超える場合は、本則の割合とします。

注釈2:平成12年1月1日から当分の間は、「前年の11月30日を経過する時における日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率+4%」が7.3%より低い場合はその利率とするよう改められました。

注釈3:特例基準割合とは、財務大臣が告示する国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の当該年の前々年10月から前年9月までにおける平均に1%を加算した割合です。具体的な延滞金の割合は、次の表のとおりです。

年利率
  納期限後1か月以内 納期限後1か月経過後

平成22年4月1日から平成25年12月31日までに含まれる場合

4.3% 14.6%

平成26年1月1日から平成26年12月31日までに含まれる場合

2.9%

9.2%

平成27年1月1日から平成28年12月31日までに含まれる場合 2.8% 9.1%

延滞金の額の計算方法

(1)納期限後1か月以内

 未納額×延滞日数×延滞金の割合÷365日

(2)納期限後1か月経過後

 未納額×(延滞日数-最初の1か月の日数)×延滞金の割合÷365日

(3)延滞金の額=(1)+(2)

  • 下水道使用料が2,000円未満のときは延滞金はかかりません。
  • 下水道使用料に1,000円未満の端数があるときは、計算の際これを切り捨てます。
  • 計算された延滞金の金額が1,000円未満のときは、延滞金はかかりません。
  • 計算された延滞金に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。
  • 年当たりの割合は、閏年の日を含む期間についても、365日当たりの割合です。

水道料金の督促手数料の廃止

 平成22年4月1日から発生する水道料金の督促手数料を廃止します。対象は平成22年2月請求分以降となります。
 ただし、下水道使用料の督促手数料は従来どおり1件につき100円です。

お問い合わせ

上下水道部 上下水道総務課 料金管理係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2440
ファクス:077-561-2481

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る