このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 情報公開・個人情報保護
  4. 個人情報保護
  5. 草津市個人情報保護条例について

本文ここから

草津市個人情報保護条例について

更新日:2013年10月1日

 個人情報保護条例の概要

1 条例化の効果(ねらい)

  • 個人の権利利益の保護を図るとともに、市政の公正、適正な運営を図る。
  • 個人情報の適正な取扱いに関する必要な事項を定める。
  • 本市が保有する個人情報の開示等を請求する権利を明らかにする。

2 条例の主な内容

1 制度の対象(第2条関係)

ア 実施機関

 市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、議会、草津市土地開発公社

イ 対象とする情報は、自然人に関する情報で、法人等の情報は含まない。

 個人情報=個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、または識別され得る情報
 保護対象となる個人情報=実施機関が管理する市政情報に記録されているもの

2 個人情報の取扱いに関する事項

ア 保有の制限(第6条関係)

 実施機関は事務の遂行のために必要な場合に限り、かつ、利用目的を限定して保有しなければならない。

イ 収集の制限(第7条関係)

 原則として本人から収集しなければならない。

(例外)次の場合は、本人以外から収集できる。

(1) 本人の同意があるとき。
(2) 法令等に定めがあるとき。
(3) 出版、報道等により公にされているとき。
(4) 生命、身体、財産の安全を守るため緊急かつやむを得ないとき。
(5) 他の実施機関から認められる範囲においてで外部提供により収集するとき。
(6) 国、他の地方公共団体等から収集する場合で事務の執行上やむを得ず、また本人の権利利益を不当に侵害するおそれのない場合
(7) 上記以外で公益上の必要性があり、また本人の権利利益を不当に侵害するおそれのない場合

収集してはならない情報(センシティブ情報)

(1) 思想、信条および宗教に関する個人情報
(2) 社会的差別の原因となるおそれのある情報
(ただし、法令等に定めがある場合などは除く。)

ウ 正確性および安全性の確保(第8条関係)

個人情報を正確かつ最新の状態に保つ

  • 漏えい、改ざん等の防止をする
  • 不要となった個人情報の廃棄をする

エ 委託に伴う措置等(第9条)

 個人情報の取扱いを伴う業務を委託するときまたは公の施設の管理を指定管理者に行わせようとするときは、契約書または協定書において、個人情報の保護に関し必要な措置を講じなければならない。

オ 目的外利用および外部提供の制限(第10条関係)

 実施機関は、目的外利用し、または外部提供してはならない。

(例外)次の場合は、目的外利用、外部提供ができる。

(1) 本人の同意があるとき。
(2) 法令等に定めがあるとき。
(3) 生命、身体、財産の安全を守るため緊急かつやむを得ないとき。
(4) 出版、報道等により公にされているとき。
(5) 統計の作成、学術研究の目的で、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがないと認められるとき。
(6) 実施機関内での目的外利用、または国等への外部提供に相当な理由があり、本人の権利利益を不当に侵害するおそれがないと認められるとき。
(7) 国等または他の実施機関に提供する場合で、提供を受ける者が、その業務の遂行に必要な限度で利用し、かつ、利用することについて相当な理由のあるとき。
(8) 公益上特に必要があり、本人の権利利益を不当に侵害するおそれがないと認められるとき。

カ 審議会への諮問

次の場合は、審議会へ事前に意見聴取する。
(1) 法令等に定めがない場合で、センシティブ情報を収集する場合
(2) 本人以外から収集する場合でイ(6)および(7)の場合
   目的外利用および外部提供する場合でウ(7)および(8)の場合
(3) 実施機関の電子計算機を通信回線により他の団体の電子計算機と結合する場合

キ 電子計算機等の結合の制限(第11条関係)

 実施機関は、原則として実施機関以外のものと通信回線により電子計算機を結合してはならない。

ク 個人情報取扱事務の登録(第13条関係)

 個人情報取扱事務を開始しようとするときは、あらかじめ、個人情報取扱事務登録簿に登録し、一般の閲覧に供さなければならない。

3 自己情報の開示請求(第14条から第26条関係)

 何人も、実施機関に対し、市政情報に記載されている自己情報の開示を請求することができる。
 また、未成年者または成年被後見人の法定代理人は、本人に代わって開示請求をすることができる。
 次に該当するものは開示しないことができる。

  • 開示請求者の生命等を害するおそれがある情報
  • 法令秘情報
  • 第三者の個人情報が含まれる情報
  • 事務の適正な執行に著しい支障がある情報
  • 公共の安全と秩序の維持に支障がある情報
  • 国等との協力関係または信頼関係にかかる情報
  • 第三者に不利益を与える情報
  • 事務の円滑な実施を困難にする情報

4 費用の負担(第27条関係)

 この条例の規定による請求に係る手数料は、徴収しない。ただし、写しの作成および送付費用実費額は徴収する。

5 自己情報の訂正(第28条から第35条)、利用停止の請求(第36条から第41条関係)

  • 自己情報について誤りがあると認めるときは、その訂正を請求できる。
  • 自己情報が規定に反して収集されたときは、その削除を請求できる。
  • 自己情報が目的外利用、また外部提供されたときは、利用停止を請求できる。

6 不服申立て(第42条・第43条関係)

 不服申立てがあった場合、草津市情報公開・個人情報保護審議会で、実施機関の決定の妥当性を審査する。

7 事業者の保有する個人情報の保護(第45条から第50条関係)

 市内の事業者等への支援として次のことを行う。
 個人情報の適正管理等に関する指導および助言を行う。

  1. 不適切な管理等が疑われる場合に説明または資料の提出を要求する。
  2. 不適切な管理等があった場合の是正の勧告を行う。
  3. 資料提出拒否や勧告に従わない場合にはその事実を公表する。
  4. 事業者への苦情相談に対して処理を行う。

<事業者における個人情報の取り扱い指針>

1 趣旨

 この指針は、個人情報の取り扱いに伴う個人の権利利益の保護を図るため、事業者が個人情報の保護のために適切な措置を講ずる際のよりどころとなるように作成したものである。

2 対象とする個人情報

 (1) この指針において「個人情報」とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。
 (2) この指針は、情報の処理形態のいかんにかかわらず、事業者がその事業活動に伴って取り扱う個人情報のすべてを対象とする。

3 個人情報の収集

 (1) 個人情報の収集は、事業者の正当な事業の範囲内において、利用目的を明確にし、その目的を達成するために必要な範囲内で行うものとする。
 (2) 個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により行うものとする。
 (3) 個人情報を収集するときは、原則として利用目的を確認できるようにするものとする。
 (4) 個人情報の本人以外のものからの収集は、本人の権利利益を不当に侵害するおそれがない場合に限るものとする。

4 個人情報の利用または提供

 (1) 個人情報の利用または提供は、原則として利用目的の範囲内で行うものとする。
 (2) 利用目的の範囲を超えて個人情報を利用し、または提供しようとするときは、本人の同意がある場合または本人の権利利益が不当に侵害されるおそれのない場合に限るものとする。

5 個人情報の適正管理

 (1) 個人情報は、利用目的に必要な範囲内で、正確かつ最新なものに保つよう努めるものとする。
 (2) 個人情報の取り扱いに当たっては、漏えい、滅失およびき損の防止その他の適切な管理のために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
 (3) 保有する必要がなくなった個人情報は、確実に、かつ、速やかに廃棄し、または消去するものとする。
 (4) 個人情報の取り扱いを伴う事業を委託するときは、受託者に対して、個人情報の保護のために適切な措置を講ずるよう求めるものとする。

6 個人情報の開示等

 (1) 本人から自己の個人情報について開示を求められたときは、原則としてこれに応ずるものとする。
 (2) 本人から自己の個人情報について事実の誤りがあるとして訂正、追加または削除を求められたときは、内容を確認の上、原則としてこれに応ずるものとする。
 (3) 本人から自己の個人情報について不適正な収集、利用または提供があるとして利用の停止、消去または提供の停止を求められたときは、内容を確認の上、原則としてこれに応ずるものとする。

7 苦情の処理

 個人情報の取り扱いに関する相談窓口を設置し、個人情報の取り扱いについて苦情等があったときは、適切かつ迅速に処理するものとする。

8 実施責任

 個人情報の取り扱いについて権限を有する者は、この指針を遵守する責任を負うものとする。

8 草津市情報公開・個人情報保護審議会の審議(第51条から第57条関係)

不服申立てがあった場合の諮問機関として、調査権限等をもつ。

9 罰則(第63条から第68条関係)

お問い合わせ

総務部 総務課 法令遵守・法務文書係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2301
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る