このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

懐かしの草津の写真

更新日:2014年10月21日

市制60周年を記念して、平成26年9月16日から平成26年10月10日に、草津の60年を振り返る写真を募集しました。
期間中に寄稿された写真を紹介します。

今はなき込田池風景

今はなき込田池風景

佐々木昭道さん(草津三)から提供いただいた込田池の写真です。
昭和39年頃、正定寺(草津三丁目11番39号)の本堂の屋根から撮影されたそうです。

昭和30年前後の草津

西岡写真工房さん(草津二)からたくさんの写真を提供していただきました。
いずれの写真も昭和30年前後の撮影と思われます。
ちょうど市制施行のころで、当時の市内の情景と風俗がよく伝わってきます。

昭和30年頃の草津マンポです。トンネル上部の形がアーチ状になっているのは創建当時の形式そのままです。
国産車が広く普及する前の時代で、マンポを出てくるのは大きな米国車です。
傘をさして自転車に乗った人の左側、看板が見えます。拡大すると「鬼の居ぬ間」の文字が読めます。
調べてみると森繁久彌主演の東宝映画「鬼の居ぬ間」とわかりました。
この映画の公開は昭和31(1956)年4月で、写真はそのころのものと推定できます。
当時、草津マンポの近くに映画館「文栄座」があり、そこで上映中だったと思われます。

草津駅東側商店街一帯で年末に開かれていた「草津市(いち)」の模様です。
市内各所から買い物客が押し寄せ「身動きできないほど」だったとか。市はお盆にも開かれたそうです。

昭和30年代から40年代にかけての市内の情景

駒井敏男さん(草津三)から貴重な写真を提供していただきました。
昭和30年代から40年代にかけての市内の情景です。

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報グループ
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る