このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. ようこそ市長室へ
  4. 市長のコラム「だいすきくさつ」
  5. 平成26年度
  6. はしかわ市長のだいすきくさつ(平成26年9月)

本文ここから

はしかわ市長のだいすきくさつ(平成26年9月)

更新日:2014年9月1日

 文章は、「広報くさつ9月1日号」に掲載された内容です。

その場でできる防災訓練

 関東大震災(1923〔大正12〕年)からはや91年が経ちましたが、この間にも、我が国では、福井地震(1948〔昭和23〕年)や阪神・淡路大震災(1995〔平成7〕年)、新潟県中越地震(2004〔平成16〕年)、そして東日本大震災(2011〔平成23〕年)などといった、震度6を超えて大きな被害をもたらした地震が数多く発生しました。

 また、近年では、台風や豪雨による風水害が国内各地で発生し、私たちの生活に重大な影響を及ぼしています。昨年9月の台風18号により、県下に初めて特別警報が発令され、市内でも床下浸水や道路冠水、土砂崩れ、農作物や農業施設の被害が発生したことは、市民の皆さまの記憶に新しいところだと思います。

 災害時には、まず自分の身を守ることが大切です。そのためには、日頃から訓練を行い、災害に対する行動を身に付けておくことが重要です。市では、12月7日(日曜)に、笠縫小学校を会場に総合防災訓練を実施しますが、今年は、会場に参加されない方も、それぞれの場所で、自分の身を守るための安全行動を一斉に行う「シェイクアウト訓練」を実施します。

 シェイクアウト訓練とは、地震発生時の自助行動を身に付ける訓練で、今や世界各地で行われています。地震発生時に、1.身を低くし、2.頭を守り、3.しばらく動かないという3つの動作をすることで、特別な準備はいりません。その場でできる、たった1分間の訓練です。

 突然災害が発生すると、気が動転して普段できることもできなくなると言われています。繰り返し訓練し、災害への備えや行動を確認し、みんなで安全なまちづくりを進めてまいりましょう。

関連ページ

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る