このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市内事業者との協定締結式

更新日:2018年1月26日

2018年1月26日

10時 宅配クック123草津守山店と「安心」が得られるまちづくりに関する協定を締結しました。
今回、宅配クック123草津守山店と相互に協力して、市民の安全および生活環境を守り、安心して暮らせるまちづくりを推進するため、平常時のさまざまな情報提供や災害時の協力など、幅広い内容の協力協定を締結しました。これは、市民の安心を確保する上で非常に心強いことで、今後、よりきめ細かく草津市民の安全、安心を支えるネットワークが構築され、市民を見守ることができるようになると考えています。

宅配クックとの協定

11時15分 草津市内郵便局と包括連携協定を締結しました。
郵便局と草津市の間では、平成28年10月に締結した「災害発生時における草津市と草津市内郵便局の協力に関する協定」をはじめ、これまでから、様々な場面で連携・協力をさせていただいています。本日、新たに包括連携協定を締結できたことは、広い分野での緊密した連携・協力を図る上で非常に重要であり、また、本市が滋賀県内の市町で初めて、郵便局との包括協定を締結できたことを心強く感じています。
今回の協定の締結を契機に、お互いの強みを生かした協働による活動を推進し、草津の魅力・情報の発信をはじめとする地域の活性化や市民サービスの向上に向けて、力を合わせて取り組んでまいります。

郵便局との協定

14時 草津市まちづくり協議会連合会役員会で、御挨拶しました。
平成30年になり最初の役員会ですが、職員に対して毎年、年末年始の訓示を行っており、今年の訓示では、去年話題になりました「未来の年表-人口減少日本でこれから起きること-」という本の内容を引用しながら、人口減少、超高齢社会に今のうちから備え、具体的に課題を見える化して、その対応策を多角的に検討して欲しいと話しました。
この本では、少子化がさらに進み、2030年には生産年齢人口が極端に減り、2040年には自治体の半数が消滅する危機に陥るなどの危機的な状況が示されており、早い段階から、将来を見据えた対策の必要性を強く訴えておられます。
草津市の人口が増加を続けている今の段階から10年、20年先の将来を見据えた取り組みが必要です。各まちづくり協議会の役員の皆様には、地域まちづくりセンターの管理・運営をはじめ、高齢化や一人暮らし世帯の増加など、今後を先取りした持続可能な地域経営に向け、各地域の最前線で日々、御尽力いただいていますことに対して、感謝申し上げました。

まちづくり協議会連合会役員会

お問い合わせ

総合政策部 秘書課 秘書係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2303
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る