このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

農業懇談会

更新日:2018年5月11日

2018年5月11日

9:00 パナソニック株式会社アプライアンス社モノづくり学校開校式に出席し、御挨拶しました。
現在、生産年齢人口の減少や、技術、経験の伝承など、人づくりが日本企業の存続にとっても重要な課題となっていますが、本日開校されましたモノづくり学校では、先駆的な取り組みとして、「物をつくる前に人をつくる。人を育てる、育つ現場の再構築」を目指しておられます。
以前、私が、びわ湖放送の滋賀創生ゼミナールという番組で、創生のキーワードは何かと問われた際、それは「イノベーション」であるとお答えしました。イノベーションは、ロボットでもAIでもなく、人からしか生まれません。今後、モノづくり学校から優れた技術とイノベーションが生まれることを期待しています。

モノづくり学校開校式

16時 滋賀県議長会湖南地区市議会議長会第1回議長会議に出席し、御挨拶しました。
草津市では、「健幸都市宣言」を行い、住む人、訪れる人誰もが生きがいをもち、健やかで幸せに暮らせるまちの創造に向けて、これまでの健康施策の枠組みを超えた、産学官民が連携した取り組みを進めておりますが、今後各市においても、それぞれのまちの活力、魅力を生かした独自のまちづくりを進められる上で、市議会が果たされる役割は益々大きくなると考えられます。
湖南地区市議会議長の皆様には、今後とも各市および湖南地域のさらなる飛躍のため、多大なるお力添えをお願い申し上げました。


18時30分 草津市農業再生協議会農業懇談会に出席し、御挨拶しました。
平成30年度より、国の施策として米政策、経営所得安定対策の見直しなどが実施され、農業を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした環境の変化に対応できるよう、農業経営の体質強化が求められており、中でも、地域の特産品づくり、高収益策作物への転換の重要性が提唱されています。
草津市におきましても、近年、草津ブランドの認証を受けている「あおばな」の需要が高まっており、新たに「あおばな」の栽培に取り組む生産者の方もおられます。
草津市では、今後とも、草津ブランドを多くの方に認知していただき、販売促進につながるよう取り組んでまいります。

農業懇談会

お問い合わせ

総合政策部 秘書課 秘書係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2303
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る