このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年度「にっこにこ集会」!4

更新日:2019年11月7日

虹のイラスト

第三保育所では、日々の保育の中で、「ちがいをみとめあうなかまづくり」を大切にしています。
人を大切にする気持ちを育むには、保育所の中だけでなく、いろいろな大人のかかわりがとても大切なことだと思います。
そこで、地域の方などとのつながりの中で、あたたかい思いに触れ、素敵な出会いや、楽しい経験をすることによって、自然と心を育んでいけたらと、人権集会として「にっこにこ集会」を年に数回開いています。

秋のみのイラスト

まちかどプロジェクトさんとの交流!!

第3回目のにっこにこ集会は、2度目となる「まちかどプロジェクトさんとの交流!!」をしました!
全体会では、恒例の「鈴と小鳥と私」の歌で手話をしてくださり、子ども達も真似をしていました。
補聴器や車いす、杖の意味や、守ってほしいこともおしえてもらいました。
その後、3、4、5歳児各クラスにわかれて、それぞれの交流をしました!

3歳児!!

「とんぼのめがね」と「どんぐりころころ」の歌の手話を教えてもらいました。「わたし、もうおぼえたで!!」と得意気な子ども達でした。
その後は、質問タイム!気になる手話を教えてもらいました。「ハロウィン」や「ドラえもん」など、いろんな質問が出ても、一生懸命考えてくださいました。
遊戯室では、電車ごっこをしました。
切符をもらったり、ハンコをおしてもらったりして、切符を大事に持っていた子ども達。
友達と一緒に電車にのって、何回も何回を楽しみました!

4歳児!!

アイマスク体験をしました。
目が見えないって、どんな感じかな?アイマスクをつけて、パズルに挑戦をしました。
まわりの友達が、「こっちやで!!」「そう!そこそこ」と声をかけながら、完成していきました。
中には、「何も見えへん、こわい」と不安になる子もいましたが、友だちの力も借りながら、貴重な経験をした子ども達です。
もうひとつ、箱の中に入っているものを手で触って、「これなーんだ?」というクイズをしました。
「かぶるもの!」「お部屋で遊ぶもの!」など、まわりの友達は答えを言わないようにして、ヒントを出していました。
「見えない」という体験を、いろんな形でさせていただきました。
「もし、周りに困っている人がいたら、たすけてあげてね」という大事なことを教えてもらいました!

5歳児!!

まちプロさんとの最後の交流会、ということで、思い出作りとして「プラ板」を作りました。
3年間お世話になった、まちプロの先生の似顔絵や、自分の好きな絵を描きました。
まちプロさんにサインを描いてもらって、世界に一つだけのキーホルダができました。
できあがったあとは、手に握りしめたり、先生や友だちに見せて、大事そうにしていた子どもたちです。
大きくなってもキーホルダーを見て、まちプロさんと交流したことを、思い出してほしいなと思います!
5歳児の子どもたちに、まちプロさんからプレゼントがありました。折り紙やメッセージを見て、大喜びの子ども達でした!

秋のみのイラスト

最後は、まちかどプロジェクトさんと一緒に、給食を食べました。
本当に楽しい時間を過ごすことができました。
今回も前回と同様に、体験を通していろいろなことを感じさせていただきました!!

お問い合わせ

子ども未来部 幼児課 第三保育所
〒525-0065 滋賀県草津市橋岡町202番地
電話番号:077-563-1279
ファクス:077-563-1279

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る