このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年7月教育長メッセージ

更新日:2018年7月9日

全国に注目される草津の学校給食

 草津の学校給食は全国的にも注目されています。3年前、「栄養と料理(女子栄養大学出版部)」という雑誌に、「滋賀県草津市で全国に先駆けて実践! 一食当たり塩分2.4g以下のおいしい減塩給食」という記事で5ページにわたって掲載された他、新聞でも多く取り上げられました。
 草津の給食は特徴が四つあります。一つ目は減塩献立に取り組んでいるということです。文部科学省では8歳以上の児童の一日一回当たりの塩分摂取を2.5g未満としていますが、本市給食センターでは2.2~2.4gと文部科学省よりも厳しい数値を定め、献立を作っており、食材を下茹でする際に塩を使用しないといった処理をしています。塩分控えめであってもおいしい給食になるように、だし汁や香味野菜のショウガなどで味付けをしたり、揚げ物の香ばしさを出したりと様々な工夫を凝らしています。
 二つ目は、地元の食材を用いて和食の推進啓発を行っていることです。草津市産100%のお米を主食とした和食献立が、週5日のうち4日間あります。地元産の野菜も積極的に使用しています。こうした献立から、子どもたちが和食になじみ、和食の味や伝統を受け継いでいってほしいと思っています。
 三つ目は手作り献立だということです。素材本来の味を生かすだけでなく、加工食品を使うよりも塩分を減らすことができます。草津ではとんかつなども約8,700枚、その1枚1枚が手作りとなっています。
 四つ目は、同一アレルゲンを1日1品目までとしているということで、そばと落花生に関しては給食に使用していません。
 7月6日には甘くておいしい草津市産のメロンが、七夕献立とともに出され、各教室から喜びの声が聞こえたようです。生産されている皆さんへの感謝の気持ちを今後も忘れずに居て欲しいと思っています。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課 総務係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2425
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る