このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 草津市の魅力
  4. みんなの草津
  5. シニア先生と小学生棋士

本文ここから

シニア先生と小学生棋士

更新日:2019年8月28日

「ゆうゆうびと講座」をご存じですか?

「ゆうゆうびとバンク」に要録している学習ボランティアさんが、学びや知識を生かして、自分で企画・運営する講座で、数多くの教室が開催されています。

~「草津市ゆうゆうびとバンク」登録募集中!~

では、講座の様子をのぞいてみましょう。

初心者歓迎の囲碁教室へ

この講座が開催されたのは、志那中町の常盤まちづくりセンター。
講師は山中良一さん(85歳)。
会場には、囲碁仲間のシニア6名と夏休み中の小学4年生1人、1年生10人が集まりました。
小学生たちは、みんな、碁石を見るのも初めて。
もちろんルールも知りません。
なかには、「はさんだら色が変わるの?」とオセロゲームと間違える児童も。


碁石

ルールを知りましょう

最初に囲碁のルールを簡単に説明。
わかりやすい言葉で、1年生が読める範囲の漢字で、ホワイトボードに書き込みます。

  1. 囲めばとれる
  2. 打てない場所がある
  3. 相手がとった後、すぐにその場所はとり返さない
  4. 地(じ)=目(もく)の数が多いほうの勝ち

他にも、先手の黒のほうが有利なのでコミと呼ばれるハンデをつけるなど、基本的な決まり事や流れを教えてもらいました。


講師の山中良一さん

いざ、実践!

本格的な碁盤より小さな紙の盤で、初めての囲碁スタート!
みんな、のみこみが早く、すぐに勝負ができました。
小学生同士、そして大先輩のシニア棋士との対戦。
小さな指で碁石をつまみ、囲碁に挑戦する子どもたちと、
優しく見守りながら指導するシニアたち。
世代を超えた交流の機会となりました。

講師の山中さんにお聞きしました

囲碁を始めたのは何歳ですか?

中学の1年生か2年生くらいです。

そのきっかけは?

ご近所の人に教えてもらって、初めて打ちました。
でもそのあとはあまり打ってなかったです。
大学生くらいから仲間で集まって打っていました。
会社でも囲碁や将棋の大会があって、よく参加していました。

囲碁の魅力は?

おもしろいですね。
もちろん勝てばうれしいですし、負ければその手を考えて楽しめます。

ゆうゆうびとに登録したのはなぜですか

囲碁をずっと続けていて、ねんりんピックでメダルももらいましたし、県の大会にも出ました。
自分の大好きな囲碁、伝統文化ともいえる囲碁を、子どもたちの世代にもぜひ継いでもらいたい。
たくさんの人に囲碁を楽しんでもらいたいと思い登録しました。

今後の抱負を教えてください

仲間を増やし、みんなで楽しく打てれば良いと思っています。

ゆうゆうびと講座

ゆうゆうびと講座について、詳しくは草津市生涯学習課までお問い合わせください。
電話:077-566-3219
ファクス:077-561-2488
E-Mail shogaku@city.kusatsu.lg.jp

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る