このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 草津市の魅力
  4. みんなの草津
  5. 広報くさつ令和3年1月15日号 新春対談「健幸都市くさつ 未来と魅力を語る」

本文ここから

広報くさつ令和3年1月15日号 新春対談「健幸都市くさつ 未来と魅力を語る」

更新日:2021年1月13日

広報くさつ令和3年1月15日号では、KUSATSU BOOSTERS(くさつブースターズ)のメンバーで、競泳元オリンピック選手の高橋繁浩(たかはし しげひろ)さんと、草津市長が対談しました。広報くさつの内容の他にも、お聞きしたご自身の健康法などをご紹介します。

広報くさつ令和3年1月15日号

広報くさつ令和3年1月15日号はこちら

芦浦観音寺の思い出

高橋さん「芦浦観音寺は、子どもの頃、自転車で近くまで来たことはありますが、夕方になると周りが暗く、怖くなってさっさと引き返したのを覚えています。一昨年、日本遺産に認定されたとのことですが、草津市には他にも日本遺産があるのですか?」
市長「草津のサンヤレ踊りがあります。お寺としては、ここ芦浦観音寺だけなのですよ」
高橋さん「そうですか!それはぜひPRしていきたいですね!」

スポーツを活かしたまちづくり

市長「コロナで土日の行事はしばらく無かったのですが、イベントも少しずつ再開されています」
高橋さん「スポーツ界でも、リモートでのマスターズ大会のように、感染対策をすれば開催できるという実績ができています。ぜひ草津でもいろんなイベントをやってほしい。(仮称)市立プールは駅に近くて便利ですし、海外のチームが遠征に来る場所としてもいいですね」

高橋さん「琵琶湖越しに比叡山、ああいう景色はなかなかありません。湖があって山があって、草津川の跡地もきれいになって、駅前はにぎやかですし、改めてゆっくり歩き回りたいなと思いました」

健幸に過ごすコツ

家でできるリラックス方法や、ストレス解消法を教えてもらいました!

高橋さん「体を動かすことがリフレッシュやストレス解消になります。激しい運動じゃなく、散歩など、外に出て景色を見ることも大事だと思います。簡単なストレッチですと、肩甲骨を動かすことですね。タオルを持って、寄せて伸ばすだけ。手に持ったタオルを外側に巻いて、上下や前後に動かすと、血行が良くなって肩こり改善につながります」

実演しながら、ストレッチを教えていただきました。高橋さんの肩甲骨は、シャツの上からでもよく分かるほどの柔らかさ!背中の筋肉を動かすことが大切だそうです。
皆さんもぜひ、おうち時間のリフレッシュに取り入れてみては?

おわりに

対談は終始和やかな雰囲気の中進み、力強い言葉で、時にはお茶目に、草津の魅力を語ってくださった高橋さん。
「離れてもずっと帰りたくなる場所、それが草津。当たり前になっている地元の良いところをもっと知ってほしい」と仰っていました。
2021年、コロナの終息を願い、変化の激しい日々ですが、明るい未来を信じながら、"ふるさと草津"の魅力を見つめなおしてみませんか。

KUSATSU BOOSTERS(くさつブースターズ)から新年のメッセージ

KUSATSU BOOSTERS(くさつブースターズ)から新年のメッセージ【動画あり】はこちら

フォトギャラリー

重要文化財の阿弥陀堂(あみだどう)。
滋賀県では珍しい室町時代の禅宗様式で、桧皮葺(ひわだぶき)の屋根の曲線と端がそった造りが美しい建物

本堂の瓦には、様々な動物があしらわれている。
母校の常盤小学校の前身である襲明学校から移築されたと聞き、高橋さんはおどろきの表情

堀を巡らし、石垣に囲まれた城郭を思わせる、観音寺表門

お問い合わせ

総合政策部 広報課 広報係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2327
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る