このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチンコールセンターによくあるお問い合わせ(接種全般)

更新日:2021年7月6日

新型コロナウイルスワクチンに関して、市コールセンターによくあるお問い合わせのうち、接種全般について掲載しております。

質問1.接種を受けるにはどうすればいいのか?

回答

市から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きますので、それまではお待ちください。
接種券が届いたら、お知らせに従って予約をしてください。

質問2.接種時期は市町村によって違うのか?

回答

国からワクチンが届く時期が市町村によって異なっており、準備が整った市町村から行うため、時期の違いがあります。

質問3.持病があるが接種して大丈夫なのか?

回答

薬を飲んでいるためワクチンが受けられないということはありませんが、基礎疾患のある方、免疫不全のある方、病状が重い方など、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、事前に主治医(かかりつけ医)とご相談ください。複数の病院に通っている場合は、全ての主治医(かかりつけ医)に相談をお願いします。
抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」の一部)を飲んでいる方は、ワクチンを受けた後、2分以上しっかり押さえてください。
当てはまるかどうか不明な方は、かかりつけ医などにご確認ください。

質問4.他の予防接種を受けていても接種して大丈夫なのか?

回答

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。他の予防接種を受けてから2週間間隔をあけてから接種ください。コロナワクチン接種を受けてから、他の予防接種を受ける場合も同様です。

質問5.寝たきりの場合はどうしたらいいか?

回答

訪問診療を受けている場合は、訪問診療での接種が考えられますので、訪問診療医にご相談ください。訪問診療を受けておられない場合など、ご相談事項があれば草津市新型コロナウイルスワクチン対策室(077-561-0184)にご連絡ください。

質問6.施設に入所しているがどうしたらいいか?

回答

施設に入所されている方に関しては、施設を担当されている医者や、医療機関からの巡回接種として、入所施設にて接種を受けていただけます。
また、外部の医療機関で受診可能な方は、接種実施医療機関または市が設置する会場で接種を受けることもできますので、施設職員にお尋ねください。

質問7.住民票は他市にあるが、草津市で接種を受けられるのか?

回答

こちらのページをご覧ください。

質問8.「住所地外接種届出済証」の発行手続きはどこでできるのか?

回答

こちらのページをご覧ください。

質問9.市外のかかりつけ医で接種を受けられるか?

回答

基礎疾患があると主治医が認める場合は主治医の元で接種を受けることができますが、そうでない場合は住民票所在地で接種を受けていただくことになります。

質問10.接種当日に必要なものは?

回答

「接種券」、「本人確認書類(運転免許証、健康保険被保険者証、マイナンバーカード等)」、「記入をすませた予診票」、かかりつけ医のある方は「かかりつけ医確認票」が必要になります。また、マスク着用の上ご来場をお願いします。

質問11.接種当日に要する時間は?

回答

待ち時間によりますが30分から1時間かかります。
1.受付(予診票の記入)、2.予診(問診)、3.接種、4.健康観察(15分から30分)という流れになります。会場での滞在時間を短くするために、検温と予診票の記入はあらかじめご自宅で済ませてください。

質問12.接種にマイナンバーカードは必要なのか?

回答

マイナンバーカードを本人確認書類とされる場合は必要です。それ以外の用途では使用いたしませんので、他の本人確認書類があれば不要です。

質問13.本人確認書類は写真付きでなければいけないのか?

回答

本人確認書類に該当するものなら写真がなくても問題ございません。公的機関が発行している住所・氏名・生年月日の記載があるものを御持参ください。

質問14.運転免許証やマイナンバーカードなど、現住所が記載された本人確認書類がないがどうすればいいか?

回答

65歳以上の方の場合、本人確認書類となるシルバーほっとカードが市長寿いきがい課から発行されております。お手元にない場合、長寿いきがい課(電話:077-561-2362)へご連絡ください。

質問15.ワクチンの種類は選べるのか?

回答

現時点ではファイザー社製のワクチンのみとなります。

質問16.ファイザー社のワクチンは、通常1回目から3週間後に2回目を接種することになっているが、どのくらいずれても大丈夫か?

回答

ワクチンの接種間隔について、国は下記のとおり周知を行っております。「1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。なお、3週間を超えても、接種を1回目からやり直す必要はありません。接種間隔が3週間を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンQA(厚生労働省)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン対策室
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-0184
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る