このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナワクチンに関するよくあるお問い合わせ(接種券関係)

更新日:2021年11月26日

新型コロナウイルスワクチンに関して、よくあるお問い合わせのうち、接種券関係について掲載しております。

質問1.接種券はどこへ届く?

回答

住民票を登録されている住所に届きます。原則、送付先の変更はできませんので、個別の理由で住民票所在地に居住していない場合は、郵便物の転送手続きをお願いします。

質問2.市外へ引越した場合は、接種券はそのまま使用できるのか?

回答

使用できません。引越し先の自治体で手続きが必要になりますので、引越し先の自治体へお問い合わせください。

質問3.市内へ引越してきたが、接種券発行にどんな手続きをすればいいのか?

回答

転入届の手続き後、下記の「新型コロナワクチン新接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者用)」を、草津市新型コロナウイルスワクチン対策室まで提出してください。提出後、接種券の発行まで10日前後かかります。

質問4.他人に接種券を譲ることはできるのか?

回答

他の方に譲ることはできません。

質問5.接種券は汚れていたり、破れていたりしても使えるのか?

回答

汚れや破損の程度によります。
印字されている文字や数字が読めない場合や、バーコードやQRコード部分が汚れていたり、破損欠損している場合は再発行が必要となります。

質問6.予診票はどこにあるのか?

回答

接種券に同封しております。事前に記入いただき、接種日当日は記入済みの予診票をお持ちください。
草津市役所2階新型コロナウイルスワクチン対策室窓口や接種会場にも予備を置いており、下記からダウンロードできます。

質問7.接種券はどこで再発行できるのか?

回答

市新型コロナウイルスワクチン対策室へご連絡ください。ただし、発行まで10日前後かかります。
即日発行をご希望の場合は、本人が本人確認書類を持って市窓口に来庁ください。

質問8.接種券を市の窓口で再発行してもらうときに必要な書類は?

回答

本人が窓口へお越しになる場合は、本人確認書類をお持ちください。即日再発行いたします。

質問9.接種券を市の窓口で再発行してもらうときは代理人でも手続き可能なのか?

回答

手続きは可能です。後日、本人の住民票のある住所に接種券を郵送いたします。
窓口で即日発行の場合は、被接種者の委任状または本人確認資料を持参いただきましたら発行可能です。

質問10.初回接種(1・2回目接種)の接種券を追加接種(3回目接種)で使用できるか

回答

使用できません。追加接種(3回目接種)は新しく予診票と接種券が一体化したものを送付します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン対策室
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-0184
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る