このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスワクチン初回接種(1・2回目接種)について

更新日:2023年8月8日

新型コロナウイルスワクチン初回接種(1・2回目接種)について

対象者

12歳以上の方が対象です。11歳以下の方は下記をご覧ください。

5歳から11歳までの方の新型コロナウイルスワクチン接種(小児接種)について

乳幼児(6か月~4歳)接種について

接種会場

地域の医療機関(個別接種)

個別接種の詳細はこちらをご覧ください

使用するワクチン

初回接種(1・2回目接種)で使用するワクチンは、ファイザー社従来株ワクチン、ファイザー社オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1およびBA.4-5)、武田社(ノババックス)です。

ファイザー社の新型コロナワクチン(1価:従来株)について(外部リンク)
ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン(BA.1およびBA.4-5)について(外部リンク)
武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)について(外部リンク)

接種回数・間隔

2回(通常、3週間の間隔を空ける)

ワクチンの説明書

新型コロナワクチン予防接種についての説明書

ワクチンの効果や、接種する時の注意する点をご確認ください。

各種申請

接種券の再発行や予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行など、新型コロナウイルスワクチン接種にかかる各種申請については下記をご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種にかかる各種申請(予約以外)

注意

今回の予防接種は感染症の緊急のまん延予防の観点から実施するものであり、国民の皆様にも接種にご協力をいただきたいという趣旨で、「接種を受けるよう努めなければならない」という、予防接種法第9条の規定が適用されています。この規定のことは、いわゆる「努力義務」と呼ばれていますが、義務とは異なります。接種は強制ではなく、最終的には、あくまでも、ご本人が納得した上で接種をご判断いただくことになります。

15歳以下の方への注意事項

  • 15歳以下の方の予防接種については保護者の同伴が必要です。保護者とは、親権を行う者または後見人をいいます(予防接種法第2条第7項)。やむを得ず保護者の同伴ができない場合は、お子様の健康状態を普段からよく知っている親族(例:祖父母)等が、保護者からの委任状を持参した場合、認められます。委任状は、1人1回の接種に対し、1枚が必要となります。
  • 予診票の署名欄に、保護者(委任されている場合は委任された者)の氏名を署名してください。予診票に保護者(委任されている場合は委任された者)の署名がなければ予防接種は受けられません。

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:79KB)

お問合せ

草津市新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話:077-598-0932
受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝日含む)
お電話のおかけ間違いのないよう、お願いいたします。
また、メールでのお問合せにつきましては回答にお時間をいただいております。取り急ぎの質問等ございましたら、コールセンターへお電話でご連絡ください。

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-6683
ファクス:077-561-0180

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る