このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 教育委員会
  4. 教育委員会
  5. 教育長メッセージ
  6. 令和2年5月教育長メッセージ

本文ここから

令和2年5月教育長メッセージ

更新日:2020年5月1日

「雨の中でどんなふうにダンスをするか」

 4月16日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が全都道府県に拡大されました。草津でも感染の拡大は収まらず、不安が募るばかりです。引き続き、不要不急の外出の自粛や手洗い、咳エチケット等の感染防止策の徹底が必要です。長期戦を覚悟しなければとの専門家の観測もありますが、みんなが心を一つにして、この難局を乗り越えましょう。

 さて、学校再開は5月7日(木曜)の予定でしたが、「第16回草津市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(4/23開催)」において、6月1日(月曜)に変更となりました。やむを得ないとはいえ、計画的な学習や友達との協働学習、仲間づくりなど、学校生活でしかできない貴重な機会が失われていると思うと心が痛みます。学校では、「子どもの学びは止めない」「子どもとの心のつながりをつくろう」を大切にして、それぞれに工夫した取組を行っていますが、教職員は、子どもに会えないさみしさを感じているようです。ただ、今は、忍耐強く、新型コロナの嵐が去るのを待つ時期なのかもしれません。

 そう思っている時、アメリカのシンガーソングライター、ヴィヴィアン・グリーンさんの「人生とは嵐が去るのを待つことではなく、雨の中で、どんなふうにダンスをするかを学ぶことだ」という言葉に出会いました。新型コロナの嵐の中で心が萎えている私たちですが、今をどう受け止め、どう行動し、そこから何を学ぶのかを問われているように感じます。今、子どもたちは何をすればよいのでしょうか。今だからこそできることもあるのではないでしょうか。一日一日をおろそかにせず、雨の中でも楽しくダンスができるような考え方や行動力を身に付けることが、次への成長に繋がるのだと思います。

 教育委員会では、関係各課が積極的に動いています。市の公式YouTube「くさつチャンネル」には子ども向けの学習支援動画「うちでチャレンジ」を配信しています。えふえむ草津を活用した先生から子どもへのメッセージ放送も新たな取組です。また、教職員の会議や研修などでもWeb会議を導入しました。20日(月曜)に開催した「学校教育フォーラム(オンライン)」では、全教職員がそれぞれの学校で、「本年度の学校教育の方針」の説明を受けました。

 「雨の中でどんなふうにダンスをするか」。教育委員会も子どもを支援するチャレンジをさらに進め、成長していきたいと思います。もちろん、命と健康第一で。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課 総務係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2425
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る