このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 教育委員会
  4. 教育委員会
  5. 教育長メッセージ
  6. 令和3年2月教育長メッセージ

本文ここから

令和3年2月教育長メッセージ

更新日:2021年2月1日

「自己表現と教育のこれから」

 第46代大統領に就任したジョー・バイデン氏の演説をテレビで見ました。「米国の結束」をテーマにした中身もそうですが、私は、その姿に感心しました。背筋が伸び、体の軸もしっかりしている。とても78歳とは思えません。正面を向き、マイルドな表情でていねいに語りかける。これぞジェントルマンです。そして、驚くのは、プロンプター(原稿表示装置)があるものの、それに目をやることなく、自分の言葉で堂々と話されていたことです。

 「Yes,we can(私たちはできる)」を繰り返したオバマ元大統領。「I Have a Dream(私には夢がある)」と人種差別撤廃を訴えたキング牧師。Apple(アップル)創業者のスティーブ・ジョブズ氏の巧みなプレゼン。バイデン氏に限らず、アメリカ人には表現力があります。一般の人でも、その力は際立っています。

 では、アメリカ人は、なぜ、自己表現がうまいのでしょうか。何回かアメリカの教育を視察したことを思い出し、感想的に述べてみます。

 まず、その根底には、アメリカの文化があると思います。多民族国家のなかで、それぞれの違いを認め、そのなかで、自分の考えをはっきり述べることは、生きる上でも大切です。自分の意見は控えめに、そして、周りに合わせて行動する。このようなことはアメリカでは通じません。

 二つ目は、アメリカの教育には、表現力を伸ばす機会が多くあることです。学校では、自分の考えをまとめて、わかりやすく伝えること、また、話合いや議論などのコミュニケーションが求められています。家庭でもそうです。そのようななかで、自己を表現することの抵抗も少なくなり、表現力もついていくようです。ノーベル賞を受賞された山中伸弥氏も、アメリカではプレゼン力を学んだとも述べておられます。

 三つ目には、スピーチやプレゼンの際、準備にウェイトが置かれることを挙げたいと思います。「1分間のプレゼンに1時間の準備」ということを聞きましたが、それほどに時間をかけるということです。そのなかで、話す中身だけでなく、声や抑揚、間、さらには、表情や動作にも気を使う。質問も想定して柔軟に答えられるようにしておく。そうすれば、発表に消極的な子どもも、自信をもって安心して発表できるようになります。

 今、述べたことは、グローバルな社会に生きる子どもたちへの教育を考えるとき、大切な視点になると思います。草津では、すでに、表現力を高める取組を行っており、先日の「草津市プログラミングコンテスト」「ビブリオバトル」などでは、子どもたちの力が年々高まっていることを感じました。さらなる充実をめざしたいと思います。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育総務課 総務係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2425
ファクス:077-561-2488

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る