このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. 注意情報
  6. 注意!いろいろな「振り込め詐欺」が発生しています

本文ここから

注意!いろいろな「振り込め詐欺」が発生しています

更新日:2013年10月1日

 振り込め詐欺とは、 「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金等詐欺」の4類型の総称です。

 平成20年7月には草津市においても、3件の 「還付金等詐欺」の被害がありました。

<被害の例>

 市役所や社会保険事務所の職員を名乗る者から、「医療費の還付金があるので、手続きのためATM(現金自動預け払い機)まで行ってください。ATMの前まで行かれたら折り返し電話してください」と電話がありました。

お金が戻るのならと思い、銀行のATMに行き、折り返し電話をし、言われたとおりの操作をすると、お金が還付されるのではなく、振込み(送金)となってしまいました。

念のために残高を確認すると、通帳にあった預金が無くなっていました。

 上記のようなATMを利用した手口だけでなく、最近では、小型小包「エクスパック」を悪用した振り込め詐欺の被害も出ております。(現金を郵送させる詐欺です。本来、小包で現金を送るのは禁止されています。)

*市役所や社会保険事務所などの行政機関が、税金や社会保険料の還付手続きなどでATM操作をお願いしたり、現金を郵送させることはありません。

<対処法>

  • 「今すぐ」「急いで」「今日中に」「誰にも言わず」など不審な言葉に気を付ける。
  • 電話をかけてきた人が、本当に家族や市役所の職員かなど確認する。(ただし、相手方の指示する電話番号には絶対にかけないようにする。)
  • 「急に振り込め」と請求されても、あわてずに「もしかしたら」と冷静になること。
  • 少しでもおかしいと思ったら、家族や市役所などに相談すること。

「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金等詐欺」の概要は、下記の啓発チラシに掲載しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る