このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成23年度
  7. 生活の中の「契約」について 契約トラブルの未然防止のために(2011年5月1日号)

本文ここから

生活の中の「契約」について 契約トラブルの未然防止のために(2011年5月1日号)

更新日:2015年4月10日

生活の中の「契約」について 契約トラブルの未然防止のために

私たちが毎日の生活をスムーズに過ごすためにさまざまな「契約」があり、大きな役割を果たしています。
 「契約」といえるものを1から7の中から選んでみましょう。

  1. バスで駅に行く
  2. コンビニで弁当を買う
  3. 友人に頼まれた引越しの手伝いをする
  4. 熱があるので医者に診てもらう
  5. 携帯電話を買う
  6. 街頭でアンケートに答える
  7. 美容院で髪をカットしてもらう。

 このうち3、6以外は全て契約です。
 契約とは、一度成立すると勝手に内容を変更したり、やめたりすることのできない法律上の「約束」のことです。中でも売買契約は、口約束でも、契約書がなくても、印鑑を押さなくても、お互いの合意があれば契約は成立します。契約書や印鑑、サインは証拠を残すためのものです。いったん契約が成立すると、どちらかの一方的な都合でやめることはできなくなり、簡単には取り消せません。つまり、自分の意思で決めた約束に、自分自身が法的に拘束されるということです。
 契約で失敗しないためにも契約する前には、本当にその商品やサービスが必要かどうかを考えることが大切です。また、申込書や契約書はきちんと読んで保管し、契約内容を理解した上で契約しましょう。
 「契約」トラブルに巻き込まれたら、消費生活センターまで相談してください。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る