このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 防犯・安心・安全
  4. 消費生活
  5. ハイ!消費生活相談員です
  6. 平成28年度
  7. フリマアプリでのトラブルは自己責任! 売るのも買うのも慎重に!(2016年12月1日号)

本文ここから

フリマアプリでのトラブルは自己責任! 売るのも買うのも慎重に!(2016年12月1日号)

更新日:2016年12月5日

フリマアプリでのトラブルは自己責任! 売るのも買うのも慎重に!

 フリマアプリとは、インターネット上でフリーマーケットのように物品を売買できるアプリのことです。

事例

 フリマアプリで子ども用の水着を見つけて1,000円で購入したが、届いた商品は、水着ではなくアイドルのポスターだった。売り主や運営会社への問い合わせはアプリ内からしかできないが、現在スマートフォンが壊れていてアプリを起動できず、連絡手段がわからない。

アドバイス

 フリマアプリでは、消費者が買い主にも売り主にもなれるため、双方の立場でトラブルが起こる可能性があります。実際、買い主側からは「注文と異なる商品が届いた」、売り主側からは「商品を送ったのに買い主が受け取り手続きをせず、運営会社から商品代金を受け取れない」などのトラブルが報告されています。まずは取引相手や商品などについて十分に情報を収集し、購入や販売を慎重に判断しましょう。初めから高額の取引はせず、慣れるまでは少額の取引にとどめるなどの工夫も重要です。また、アプリを選ぶ際は、運営会社が売り主と買い主の決済を仲介する「エスクローサービス」が導入されているか確認しましょう。
 取引に関する全ての手続きをアプリ上で行うという性質上、事例のように、アプリを起動できなくなれば、運営会社や取引相手と連絡が取れなくなる場合があります。このような事態を避けるために、運営会社や取引相手の連絡先をメモしておくなど、アプリ以外の連絡手段を確保しておきましょう。
 なお、個人間取引でトラブルが発生した場合、当事者間の話し合いで解決せねばならず、何かあれば自己責任という、リスクを伴う取引だということを認識したうえで利用することが大切です。

お問い合わせ

まちづくり協働部 生活安心課 消費生活センター
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2353
ファクス:077-561-2334

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る