このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

食品ロスを減らすための取組を実践しましょう!

更新日:2022年1月6日

みなさんは「食品ロス」という言葉をご存知ですか?食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられている食品のことで、日本では年間で約570万トンと試算されています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(2020年で年間約420万トン)の約1.4倍に相当します。

資源循環のためにフードドライブに参加しよう!

フードドライブとは、家庭や職場で余った使わない食品を集める活動のことで、集まった食品と、必要とする方を繋ぐ役割を担う団体をフードバンクといいます。
自宅や職場に余っている食品があれば、寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

他にも食品ロスを減らすためにできることはたくさんあります。

家庭で取り組む食品ロス削減

  1. 宴会等で3010運動+を実践しましょう。
  2. 食材は必要な量だけ購入し、使い切りや食べきりに努めましょう。
  3. 「賞味期限」と「消費期限」を正しく理解しましょう。                   
  4. 食品ロス削減を広めましょう。

賞味期限とは

美味しく食べられる期限のことです。品質の劣化が比較的穏やかな商品に表示され、期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

消費期限とは

安全に食べられる期限のことです。品質の劣化が早い商品に表示されます。消費期限を過ぎた食品は食べないようにしましょう。

3010運動+とは

草津市では、宴会開始後30分と終了前10分は自席で食事を楽しむ3010運動を中心とする「食品ロス削減」に「健康づくり」の取り組みを加えた『3010運動+(さんまるいちまるうんどうぷらす)』を展開しています。一人ひとりの参加で食品ロスを減らす活動を広げましょう!

事業所で取り組む食品ロス削減

  1. 宴会等で3010運動+を実践しましょう。
  2. 外食時はあらかじめ「量より質」の注文を実施し、食べきりましょう。

【参考】過去のチラシ

令和2年度作成チラシ

令和元年度作成チラシ

平成29年度、30年度作成チラシ

リンク

健幸都市

草津市では、市民が生きがいをもち健やかで幸せに暮らせる新しい都市モデルとして「健幸都市」づくりに取り組んでいます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 資源循環推進課 資源循環推進係(クリーンセンター内)
〒525-0043 滋賀県草津市馬場町1200番地25
電話番号:077-562-6361
ファクス:077-566-1694

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る