このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 産業・ビジネス
  4. 農林・水産
  5. 支援制度
  6. 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業

本文ここから

新市場開拓に向けた水田リノベーション事業

更新日:2022年1月14日

事業概要

水田農業を輸出や加工品原材料などの新たな需要拡大が期待される作物を生産する農業へと刷新(リノベーション)するため、新市場開拓用米や加工用米、高収益作物(野菜)、麦・大豆について、実需者ニーズに応えるための低コスト生産などの取り組み、需要の創出・拡大のための製造機械・施設などの導入支援を行います。
詳しくは、下記リンク先を御覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【農林水産省ホームページ】水田農業を営む農業者・実需者の皆様へ(外部リンク)

支援内容

支援対象者

水田(注釈1)において対象作物を生産する販売農家・集落営農
注釈1:水田活用の直接支払交付金の交付対象水田

対象作物

令和4年産(基幹作)の新市場開拓用米、加工用米、麦・大豆(注釈2)、高収益作物(野菜・果樹等)(注釈3)、子実用とうもろこし
注釈2:麦・大豆については、輸出向けまたは加工向けが対象
注釈3:高収益作物については、輸出向けまたは加工・業務用が対象

支援単価

新市場開拓用米、麦・大豆、高収益作物(野菜等)、子実用とうもろこし:4万円/10a(注釈4)
加工用米:3万円/10a(注釈4)
注釈4:本支援を受けた場合、令和4年度水田活用の直接支払交付金戦略作物助成(加工用米:2万円/10a、麦・大豆:3.5万円/10a)は受けられません。

交付要件

  • 農業者または、農業者と出荷契約を締結する集出荷業者(JA等)が、実需者(注釈5)と販売契約を締結すること(または、締結する予定(注釈6))
  • 品目ごとに定める低コスト生産等の取組を3つ以上実施すること。

注釈5:実需者とは、食品製造業者、外食・中食業者など、加工等により実際の需要を生み出す業者のこと。
注釈6:販売契約を締結する予定の方は、令和4年6月30日(木曜)までに契約を締結する必要があります。

要望調査について

提出書類

  1. 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業取組計画書
  2. 実需者までの販売契約書の写し(注釈7)

注釈7:実需者までの販売契約書の写しが現時点でお手元にない場合は、令和4年6月30日(木曜)までに必ず当協議会に提出してください。
注釈7:JA出荷の加工用米および麦・大豆を作付する農業者のみ、実需者までの販売契約書の写しの提出は不要

提出先

草津市役所4階 草津市農業再生協議会事務局(草津市農林水産課内)

提出期限

令和4年2月4日(金曜) 必着

その他留意事項

  • 今回の要望調査は、国の要望調査に回答するものであり、支援が約束されるものではありません。
  • 本事業は、地域再生協議会単位で低コスト生産等の取組に10ha以上に取り組むことや、主食用米の作付面積を10ha以上削減する等をポイント化し、国の予算の範囲内でポイントが高い順に採択されることから、不採択となる可能性があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 農林水産課 農林水産係 
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2347
ファクス:077-561-2486

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る