このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 草津宿
  3. 史跡草津宿本陣
  4. 本陣四季彩々 冬の段 「本陣の、ゆく年くる年。」

本文ここから

本陣四季彩々 冬の段 「本陣の、ゆく年くる年。」

更新日:2021年12月3日

四季折々のしつらえで本陣を彩る「本陣四季彩々」。
年末年始も史跡草津宿本陣の中で季節を楽しむイベントが盛りだくさんです!
まずは、「元禄赤穂事件」で12月14日深夜(15日未明)に吉良邸討入りが果たされたことにちなみ、当事者である吉良上野介と浅野内匠頭がわずか9日違いで当本陣に宿泊していた記録を期間限定で実物展示!さらに「元禄赤穂事件」をもとにした人気作「忠臣蔵」の浮世絵もご覧いただけます。
そして、年末にはお正月準備のためのワークショップ、年始には草津市花道協会による豪華な迎え花展示を行います!

※ 暖かくしてお越しください。

イベント一覧

浮世絵展「年末恒例!?忠臣蔵と、草津宿本陣。」

会期:令和3年12月18日(土曜)から令和4年1月30日(日曜)

chushingura11
歌川国清「忠臣蔵十一段目」草津市蔵・中神コレクション

冬といえば「忠臣蔵」!そんなイメージがある人もいるかもしれません。
忠臣蔵は、元禄赤穂事件という史実に基づいて創作された物語の総称あるいは「仮名手本忠臣蔵」の略称で、時に元禄赤穂事件そのものを扱うこともあります。
この事件は、江戸城で浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)に突如斬りかかったことが発端です。これに対し、浅野が即日切腹など厳しい処分となった一方で、吉良には一切処分がなかったことを受け、浅野の部下であった赤穂浪士たちが敵討ちを果たす話です。
彼らが吉良邸に討入り本懐を果たしたのが、12月14日深夜(15日未明)でした。
これにちなみ、歌川国清による浮世絵「忠臣蔵」(草津市蔵・中神コレクション)を展示するとともに、元禄赤穂事件の発端となった浅野内匠頭と吉良上野介がわずか9日違いで当本陣に宿泊した際の記録を、期間限定で実物展示!
苦労を重ねながら本懐を遂げる赤穂浪士たちについて、史実と物語をあわせて紹介します。

展示作品・展示期間(草津市蔵・中神コレクション)

(1)令和3年12月18日(土曜)~12月26日(日曜)
歌川国清「忠臣蔵四段目」城明け渡しの段、同「忠臣蔵七段目」祇園一力茶屋の段
(2)令和4年1月5日(水曜)~1月16日(日曜)
歌川国清「忠臣蔵五段目」鉄砲渡しの段・二つ玉の段、同「忠臣蔵六段目」身売りの段
(3)令和4年1月18日(火曜)~1月30日(日曜)
歌川国清「忠臣蔵十一段目」討入りの段、同「忠臣蔵十二段目大尾」

忠臣蔵クイズラリー

参加費は無料!
ご参加の方にはもれなく選べる参加賞を進呈いたします!
この冬限定のオリジナル絵葉書やオリジナル缶バッジなども登場します。
「忠臣蔵ってなんだろう?」「名前は聞いたことあるけど詳しく知らないなあ」という方にもお楽しみいただけます。
ぜひ奮ってご参加ください!

ワークショップ「門松づくり ~新年をかわいく迎えよう!~」 ※受付終了

日時:令和3年12月18日(土曜)13時30分-15時00分

伝統的なお正月飾りの門松を作ります。
家の玄関や机の上などに気軽に飾れる手のひらサイズです。
草津宿本陣の竹を土台として用い、身近なものを門松の材料に見立てて体験していただきます。

※このイベントはご予約が定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。(12月3日追記)

対象

小学生

参加費

100円(土日のため小中学生は入館料無料!)

定員

10名(要事前予約)

申込方法

本陣へ電話・ファクス(077-561-6636)、または本陣受付へ

草津市花道協会による迎え花

会期:令和4年1月5日(水曜)~1月28日(金曜)

新年を祝う豪華な生花を展示し、晴れやかなしつらえで皆様をお迎えします!

お問い合わせ

教育委員会事務局 史跡草津宿本陣
〒525-0034 滋賀県草津市草津1丁目2番8号
電話番号:077-561-6636
ファクス:077-561-6636

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsujuku.
(禁無断複写・複製)
フッターここまで
このページの上へ戻る