このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 採用情報
  4. 市職員
  5. 先輩職員からのメッセージ
  6. 平成25年度採用職員情熱ブログ
  7. 7月23日 「毎日がドラマチック!」 (大路幼稚園 渡邉まりえ)

本文ここから

7月23日 「毎日がドラマチック!」 (大路幼稚園 渡邉まりえ)

更新日:2014年7月23日

 平成25年度採用のフレッシュな若手職員がリレー形式で書き手を繋ぎながら、それぞれの視点で、業務をとおして感じたことや草津市の魅力やホットな情報を、職員の言葉で直接お届けします。

「毎日がドラマチック!」

 みなさん、こんにちは。大路幼稚園の渡邉と申します。平成25年度の新規採用職員として大路幼稚園に配属され、今年度は5歳児の担任として保護者や先生方、そして地域の方々とともに、子どもの姿を見つめ、保育に携わっています。子どもにとって、幼稚園で過ごすこの一年は一生に一度きり。その大切な一年を一緒に過ごすことができる喜びやかけがえのなさを実感する毎日です。

 さて、大路幼稚園の活動の一つとして、週2回、園庭を5~10分間走る「元気タイム」があります。12月にあるマラソン大会に向け、たくましい心とからだをつくるというねらいのもとでの取り組みですが、わずか数分の中でもドラマがたくさん生まれます。
 ある日の元気タイムで、懸命に走っていた子どもが転んでしまいました。いつもならすぐに泣いてしまうところでしたが、その日はすぐに立ち上がって歩きました。あまり痛くなかったのかなとそっと見守っていると、終わりの合図が鳴った途端、その子がわんわんと泣き始めたのです。本当はとても痛かったのですが、涙をこらえて終わるまで耐えてがんばっていたのです。また、そこへ友だちがかけつけてきて「痛かったけどがんばったね」、「めっちゃ速く走ってたもんな」と声をかけていた様子にハッとさせられました。子どもたちは走っている間も、周りの友だちのがんばりをちゃんと見ていたのです。私は自分自身が必死になっている時に、他の人のがんばりや良さを見ることができていたのかなと気づかされた瞬間でした。元気タイムでは、からだのたくましさだけではなく、あきらめない粘り強さや、目標に向かってがんばる気持ち、少々つらくてもチャレンジしようとする意欲、そして互いのがんばりを認め合える仲間など、目に見えない心のたくましさも育まれています。
 この他にも様々な活動を通して子どもたちは心もからだも日々成長していきます。先生は「教える」立場でありますが、子どもの姿一つひとつに感動し、そこから大切なことを教わる「共育ち」である気がします。これからも努力を惜しまず、子どもたちの成長を見守る保育者として、たくさん笑顔を生み出しながらかけがえのない日々を過ごしていきたいと思います。

お問い合わせ

総合政策部 職員課 職員係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2314
ファクス:077-561-2490

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成25年度採用職員情熱ブログ

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る