このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

若手職員の声(平成29年1月23日更新)

更新日:2017年1月23日

若手職員の声

平成28年採用のフレッシュな若手職員に、志望動機や仕事のやりがいなどについて、インタビュー形式で語ってもらいました。草津市職員を志望する受験生は、ぜひご覧ください。(平成28年12月27日 インタビュー)

今回のメンバー

矢橋ふたばこども園
井上 佳那(いのうえ かな)
[保育教諭職・29歳]
(写真左)

笠縫東こども園
新庄 あかり(しんじょう あかり)
[保育教諭職・23歳]
(写真右)

まずは自己紹介を兼ねて、草津市を志望したキッカケについて教えてください。

井上

はじめまして。矢橋ふたばこども園の井上です。私は採用前にも他市で保育士として働いていたのですが、結婚を機に草津市で働こうと思い、受験しました。
草津市では子育て事業を重要視し、子育て家庭の現状や問題点を明確にし、子育ての孤立化をなくすため様々な事業を実行しています。子どもたちと関わる仕事をしているので、市が子育て支援に力を入れて取り組んでいることは、受験するにあたり大きな決め手でした。

新庄

はじめまして。笠縫東こども園の新庄です。私は生まれも育ちも草津市で、地元では、近所の方とのつながりが強く、周りの人みんなに育てられてきました。また、年下が多い環境で育ってきた中で、自分が関わる子どもが成長する姿を見ることがすごく嬉しくて、職場体験などを通して保育職を目指すようになりました。そして、大好きな地元で働きたいと思い、草津市を受験しました。

どんな仕事をしているの??

井上

子どもたちにとって大切な乳幼児期の心身の発達をサポートする仕事です。基本的な生活習慣を身に付け、集団生活を通して社会性を養えるように保育を行っています。また保護者の方だけでなく、地域の方々にも育児講座などを開き、子育て支援にも取り組んでいます。
乳幼児期の6年間の成長をそばで見守りながら、子どもたちの“初めて”に立ち会うことができるのは、この仕事だからこそであると思います。

新庄

笠縫東こども園で5歳児のクラス担任をしています。子どもたちと一緒に活動したり、給食などの生活を共にしたりする中で、子どもたち一人ひとりの成長につながり、集団での仲間関係が育つように保育しています。例えば、「自分の思いを自分で伝える」「相手の意見をよく聞く」というねらいを持ってグループ活動を取り入れた遊びをしています。先日は、5歳児の2クラス合同で大きなテーマパークを作る遊びを行いました。

仕事を通じて、日々どんなことを感じていますか。

新庄

教師として、社会人としても働くことの難しさや厳しさを感じるとともに、日々成長も感じています。クラス担任として責任も強く感じていますが、子どもの成長に気づいたときや、子どもが心を開いてくれて信頼関係が結べたとき、距離が縮んだときは、すごく嬉しく、大きなやりがいを感じます。

井上

子どもたちと過ごす中で毎日が新しい発見の連続で、何事にも全力でいろいろなことに関心を向ける子どもたちから、私自身がたくさんのことを学ばせてもらっています。子どもたちと一緒に成長することができることはとても嬉しく、毎日が充実しています。

これまでの成功談や失敗談があれば教えてください。

井上

卒園した子どもたちが慕ってくれて、卒園後も会いに来てくれたり連絡をくれたりすることはとても嬉しいです。
また、自分の思いを優先して遊びをしてしまったときは、子どもたちの求めていることを見極めて遊びをしていく必要があったと反省しました。

新庄

自分が用意した遊びをした後に、子どもたちから「もっとやりたい!」という声が聞けたときは、子どもたちの素直な気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったです。また、行事の前に風邪をひいてしまい、子どもたちから「先生がひいたらあかんやん!」と注意されたときには、自分の体調管理も大切だということを痛感しました。

こんな職員になりたい、っていうのがあれば教えてください。

井上

子どもたちが今日は何するのかな、楽しみだなと毎日わくわくどきどきする保育を行っていきたいです。また、子どもたちが「早くこども園に行きたい!」と思えるような環境づくりに向けて、子どもたちへ質の良い保育を行っていくとともに、親支援にも重点を置き、正しい知識で保護者の方々にもより良いサポートが行っていけるようになりたいです。

新庄

子どもたちが毎日登園するのが楽しみになるような保育ができるようになりたいです。まだまだ知識や経験が足りないので、先輩方の保育からたくさん学び、子どもたちが楽しめる保育や安心できるかかわり方を身に着けていきたいと思います。また、保護者の方に比べると私自身の経験はまだまだ少ないですが、保護者の方々が普段抱えている悩みなどをお聞きし、一緒に考えていくことで少しでも気持ちを軽くすることができるように関係を築いていきたいと思います。

じゃあ最後に、受験を考えている人も見てくれていると思いますので、受験生の方へメッセージをどうぞ。

井上

私達の仕事は、人の成長に携われ、成長を共に喜び合えるというとても魅力ある職だと思います。子どもたちへ思いを届けた分、子どもたちはきちんと応えてくれます。ぜひ草津市の子どもたちを一緒に見守っていきましょう。

新庄

とても長い期間の受験になるため、私自身途中で投げ出したくなることもありましたが、草津市でいきいきと働く自分を想像して、最後まであきらめずに頑張ることができました。みなさんも最後まであきらめずに自分の力を十分に発揮して頑張ってください。

井上佳那さんと新庄あかりさんの写真

お問い合わせ

総合政策部 職員課 職員係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2314
ファクス:077-561-2490

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る