このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

若手職員の声(平成29年6月20日)

更新日:2017年6月20日

若手職員の声

平成28年採用のフレッシュな若手職員に、志望動機や受験時の対策などについて、インタビュー形式で語ってもらいました。草津市職員を志望する受験生は、ぜひ御覧ください。(平成29年6月8日 インタビュー)

今回のメンバー

都市再生課
井関 俊(いせき しゅん)
[一般行政職A・24歳]
(写真左)

会計課
山本 祐実(やまもと ゆみ)
[初級一般行政職・25歳]
(写真中央)

公園緑地課
舩山 友輔(ふなやま ゆうすけ)
[一般行政職A・24歳]
(写真右)

まずは自己紹介を兼ねて、草津市を志望したキッカケを教えてください。

井関

こんにちは。都市再生課の井関です。私は愛媛県出身ですが、大学入学とともに草津市に住み始め、住みやすく居心地のいい街であることから草津市で働きたいと思い、受験にいたりました。

舩山

こんにちは。公園緑地課の船山です。私は生まれも育ちも草津市ですが、大学時に草津から離れたことで逆に草津の良さが分かり、地元のために働きたいという思いで、草津市を受験しました。

山本

こんにちは。会計課の山本です。私は草津市にずっと住んでいて、父からまちの成り立ちなどを聞きながら育ったため、小さいころから、自分自身でもっと草津市をよくしていきたいという思いを持っており、その思いを実現させるため草津市を受験しました。

どんな仕事をしているの??

井関

普段は、草津駅東口緑化広場niwa+(ニワタス)に関する業務に従事していて、草津まちづくり株式会社がイベントを開催する際の調整や、広場の維持管理にかかる仕事をしています。また、草津駅周辺の中心市街地活性化に関することが主な業務であるため、直接地域の方々と関わることも多く、昨年開催された「第3回草津まちイルミ」では、点灯式で巨大ペットボトルツリーを制作してもらった地域の幼稚園児達が喜んでいる姿を見て、とても感動しました。

船山

市内に約300か所ある公園の管理業務や緑の募金、緑化イベントなどの緑化推進事業を行っていて、できるだけ市民の方が利用しやすい公園にしていくことにやりがいを感じています。昨年は1年目ということで様々な経験をしましたが、市民の方からの問い合わせに、現場を確認せずに回答をしてしまったことがあり、現場確認の大切さを実感しました。今後は市民の方の意見を実現していけるような職員になりたいと思っています。

山本

私は、普段は各部署の支払い関係書類のチェックをしています。いろいろな課の支払い関係書類を見ることができるので、昨年1年間で市の仕事の全体像をぼんやりとですが理解することができました。今後も草津市の支出にかかる最後の砦として使命感をもって仕事をしていきたいと思っています。また、会計課の仕事は、お互いにどのような仕事をしているかおおむね把握をしているので、今年度は忙しい方のカバーができるように頑張っていきたいと思っています。

井関俊さん、山本祐実さん、舩山友輔さんの写真

現在受験シーズン真っただ中ですが、エントリーシートを記入したときに気を付けたところとかはありますか?

井関

大学のサポートセンターを利用し、第三者の目線で見てもらうことを大事にしていました。自分が伝えようとしていることも第三者の視点から見ることで、違った解釈になることがあるので、第三者が見ても自分の伝えたいことが伝わるエントリーシートになるよう気を付けていました。

船山

私は、逆に添削されることで他人と同じようなエントリーシートになると考え、自分の思いを伝えることを重視して、自分が良いと思った言葉で記入するようにしていました。面接試験でもエントリーシートを参考に面接をされると思うので、質問をされても回答がしやすいように自分の言葉での作成を心掛けました。

山本

私は、自分のいろんな面が見えるように気を付けて記入をしました。いろんな面と言っても、たくさん長所を記入するというよりは、アピールポイントがぶれないように注意をしていました。また、私の場合、添削は先輩に頼んで見てもらっていました。悩みごとも一緒に相談をさせてもらっていたので、頼れる先輩がいるということはとても大事なことだと思います。

受験勉強はどんなことをしてたの?

山本

私は、スケジューリングを含めた勉強方法(どの科目をいつから勉強するか等)と自分に合う教材を選ぶことから始めました。取り組み方としては、「解き方、解らないときの答えの絞り方」を掴むことに重点を置いていました。科目も多いので、網羅するよりも頻繁に出題されるタイプのものは必ず解けるようになることを目指しました。

船山

私は問題集を解くことを大事にしました。短期間に集中して勉強することを意識して、本番までに覚えたことを忘れてしまうことがないように気を付けて受験に臨みました。

井関

私は、大学の3回生から公務員講座に参加してしっかりと準備をしました。問題集をひたすら反復して、模試も何回か受けました。家では勉強ができないタイプなので大学で勉強することを意識していました。

面接対策はしてた?

船山

一般的な面接本は読みましたが、面接の回答案の準備はしませんでした。面接の回答を事前に考える方法では、いざ試験を受けるときの対応力が低くなると考えたので、市の主要な施策や時事問題などについて調べることで、どのような質問が来ても柔軟に答えられるように意識をしていました。

山本

私も面接本は読みましたが、それに縛られないように意識して、面接対策というよりも友人、先輩、先生とたくさん話すことを心掛けていました。普段の会話を大事にすることで面接試験でも、とっさの対応ができたと思います。

井関

私は、公務員講座の先生が言っていた「正直に話すこと」を心掛けました。嘘はつかず、正直にはきはきと喋ることを意識して、聞かれたことに素直に回答するようにしました。また、回答するのに時間がかかると悪いイメージがあるかなと思ったので、質問にはおおむね3秒以内で答えるということを意識していました。

1年働いてみて草津市の職場環境はどう感じてる?

井関

昨年、業務が立て込んできて大変な時期がありましたが、上司の方に相談に乗ってもらってありがたかったですし、そういった意味では、相談しやすい職場だなと思います。

船山

わからないことがあるときには、先輩職員に尋ねますが、快く教えてくれる先輩ばかりなので安心しています。市役所の業務は多岐にわたるので、わからないことを聞ける先輩や同期との仲を深めることを大切にしていきたいです。

山本

物理面で言うと、お手洗いの荷物置き場がなかったんですが、相談すると対応してもらうことができたので良い環境かなと思います。
また、部署内においても、車椅子で仕事が仕事しやすいように物の配置等いろいろな工夫をしてもらっているので、とても有り難いです。

じゃあ最後に、受験を考えている人も見てくれていると思いますので、受験生の方へメッセージをどうぞ。

井関

試験は長期にわたり、私自身、周りの友人の採用が決まっていくのを感じながら焦りもありましたが、焦ることで自分の力を出せなくなることが一番悪いことなので、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて試験を乗り切ってほしいと思います。頑張ってください。

船山

自分は絶対受かるという強い思いをもって、それを持続させることが大事だと思います。一緒に楽しく働けたらと思います。頑張ってください。

山本

考えすぎて動けなくなることもあるかと思いますが、「案ずるより生むが易し」が大切ですので、とにかく行動に移して、頑張ってください。

井関俊さん、山本祐実さん、舩山友輔さんの写真

お問い合わせ

総合政策部 職員課 職員係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2314
ファクス:077-561-2490

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る