このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 政策・計画
  4. 市の計画
  5. まち・ひと・しごと創生
  6. 草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略について(方針)

本文ここから

草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略について(方針)

更新日:2020年4月3日

草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略について以下のとおり方針を定めました。

方針

 本市では、平成27年度から令和元年度までの5年間を計画期間とする草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「総合戦略」)を策定し、人口減少対策および地方創生の取組を進めています。
 また、第5次草津市総合計画が令和2年度に計画期間が終了するため、現在、第6次草津市総合計画の策定を行っているところですが、第6次草津市総合計画の計画期間中には人口減少局面を迎える見込みであることから、今後、人口減少対策および地方創生の取組をより一層進める必要があります。
 このことから、より効果的な人口減少対策および地方創生の取組を推進するため、現行の総合戦略の計画期間を1年延伸するとともに、次期総合戦略を第6次草津市総合計画第1期基本計画に包含することとします。
 なお、次期総合戦略の策定にあたっての草津市人口ビジョンおよび草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会の取り扱い、総合戦略の1年延伸にあたっての令和2年度の戦略目標および重要業績評価指標(KPI)の設定については以下のとおりといたします。

草津市人口ビジョンについて

 「草津市人口ビジョン」については、総合戦略を検討する前提となる人口の現状や将来の見通しを示すものとして、平成27年度に策定しましたが、次期総合戦略を策定するにあたり、人口ビジョンの見直しを検討する必要があります。
 市の最上位計画である第6次草津市総合計画の策定にあたり、基本構想の前段部分において本市の人口の現状や将来の見通しを「人口の見通し」として掲載する予定をしておりますが、この「人口の見通し」は総合戦略に基づく取組による人口の自然増減・社会増減も踏まえた推計となっております。
 つきましては、総合計画における「人口の見通し」を次期総合戦略検討の前提となる「草津市人口ビジョン」とします。

草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会の取り扱いについて

 総合戦略の策定および推進に関し必要な事項についての調査審議にあたっては、草津市附属機関設置条例に基づき、草津市まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会を設置することとなっておりますが、今般、次期総合戦略を第6次草津市総合計画第1期基本計画に包含することから、今後、総合戦略に基づく取組内容等につきましては、草津市総合計画審議会で審議いただくことといたします。

戦略目標の指標および重要業績評価指標(KPI)の設定について

 総合戦略では、令和元年度末までの戦略目標の指標(4指標)とKPI(7指標)を設定しており、総合戦略の延伸にあたっては、令和2年度末までの各指標の目標値を新たに設定する必要があります。
 新たな目標値については、各指標の目標値の達成状況を勘案しながら、以下の資料のとおりとします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 企画調整課 企画調整係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2320
ファクス:077-561-2489

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る